お待たせしましたぁ~!!あひるWハート

鹿教湯の三水館から約2ヶ月、

やっと温泉おんせんお泊り行けたぁ~ヽ(^。^)ノ。

 

 

まぁ、気分的にそれどころではなかったのだけど滝汗汗

精神的にも肉体的にも、疲れがピークに来ていたので、

日帰りではなく、お泊りでゆっくり温泉行きたかったの!!

 

いろいろ考えて、お泊り決行を決めたのが前日の夜遅く。

いや、前日と言うか、当日か?

すでに日付が変わってたものなぁなく

 

じゃらんでお宿選びながら、

最後クリックした途端に「受付は終了しました」って出たらどうしよう~?泣きおまめ

って、ドキドキしながら検索してたわww。

 

 

 

 

 

↓ まずは1回ポチッと(。・ω・)ノ゙
 にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村

 

 

 

 

今回のお宿選びのポイントポイント

一、疲れているのであまり遠くには行きたくない。

   できれば群馬県内、もしくは同等の近場ww。

二、思い立っての突然のお泊りだから、

   あまり高くないお宿、二人で3万円以下希望。

三、ゆっくりのんびり命の洗濯するために、

   “源泉掛け流し”と“料理が美味しい”これ必須条件♪ポイント

 

これにほぼ該当して空室があったのが、

塩原の下藤屋草津の綿の湯四万の鍾寿館

どこも未湯で、どこも訪れたいと思っていたお宿Wハート

 

でも、惜しい!!ガーン

鍾寿館、直前すぎて素泊まりプランしか選べない~~!

草津ならともかく、四万で素泊まりってきつくなぁい?なく

四万に夜ご飯の食べられるお店ってあるのかぁ~?

と言う事で、セリコさんが湯立て祭りで宿泊券をゲットした鍾寿館は今回は却下ww。

あ~~らららら、残念ww。

 

候補は草津と塩原に絞られた!

でも塩原の下藤屋、日帰り入浴sao☆できるんだよなぁ・・。

だったら、立ち寄りで行けばよくね?(;^_^A。
 

と言う事で消去法ボロ

最後に残ったのが草津だったww。

草津の綿の湯源泉も希少!な源泉でねぇ。

このお湯を引いているお宿がなかなかに少ない。

 

 

源泉の名をそのまま宿名にしている『綿の湯』さん

(命名は片岡鶴太郎さんだって♪)、

女性好みのお洒落でモダンなお宿キラキラ

何年も前からず~~っと気にはなっていたのだヽ(^。^)ノ。

なのになぜか先に、本館の草津ホテルに泊まってしまった(爆)。


 

 

考える時間がたくさんある旅行だと、
ついつい遠方に足を延ばしてしまうのでww、

こんな機会でもないと、なかなか草津にも泊まらないしね。

好機ととらえて、PCのボタンをポチっとしたよ~♪ポイント

 

綿の湯さん、チェックインは14時から。

10時半過ぎに家を出て、

残り期限半年となった“和風村の湯めぐり手形”で、

行きに一軒立ち寄りしてから15時ごろ宿に入ろう。車

 

 

和風村、帰りにも一軒入浴すれば、今回で五湯の満願達成だぁ~!!バンザイ

と、すっかりその気でいたのに、

お目当ての宿、またしても『本日入浴不可』。

ガーン!!ガクリ

前回の望雲さんのときもお断りされたお宿だ。

 

いつも「もうお湯を払っちゃった」とおっしゃるが、

「じゃあ明日お邪魔したい」と言ったら

「また明日電話してください」だってゲッソリ

 

そしたらまた「今日はお湯を払っちゃった」って言うんじゃないのかぁー!!

やる気あるのかぁーー!?

和風村から脱退しろぉーー!!怒る

温厚なおじゃる☆を怒らせるとは(爆)。

 

もう一軒の方は、受付時間が極端に短くて、

もう今からでは間に合わない。

(;´д`)トホホ 

ちょっと早いけどもうお宿行っちゃおsao☆

 

 

 

場所はここ♪

西の河原公園の入口。

 

 

草津ホテルからは、道路を挟んだ斜め前。

西の河原行ったことのある人は見覚えあるでしょ?

湯畑からはちょっと離れている。

・・とは言っても徒歩5分だからトコトコ

運動不足のおじゃる☆にはちょうどいい(笑)。

 

 

綿の湯 草津ホテル別館

http://watanoyu.net/

 

住所:群馬県吾妻郡草津町草津469-4

TEL 0279-88-8777
 

日帰り入浴 不可

チェックイン 14:00~

チェックアウト 10:00

 

 

到着は13時半すぎだったのに、快く迎え入れていただきましたごあいさつ

 

 

車は建物前に停めると、離れた駐車場に移動してくださる。

とっても接客が感じよい、女性スタッフだけのお宿キラキラ

 

 

入口。

 

 

館内から玄関、右手がフロント。

2007年に草津ホテルの別館としてOPENした

比較的新しいお宿なのでとても綺麗あひるWハート

 

 

 

 

奥に向かって、左が男湯、突き当り右が女湯。

温泉おんせんご案内はまた後程(笑)。

 

 

 

まずは、ラウンジでウエルカムドリンクコーヒーいただきながら、チェックイン。

 

 

窓からの景観が美しい、明るいラウンジ。

 

 

 

ソファー目線♪

 

ドリンクはおじゃる☆はホット珈琲、旦那はアイス珈琲。

 

 

富貴堂さんの温泉饅頭付き!!

美味しい~(#^^#)。

 

 

 

お饅頭が付いてたから言うわけじゃないけど(爆)

これは期待が持てますよ~~♪ヽ(^。^)ノ

お部屋編につづく~~!!

 

 

 

 

今日も応援、ありがとうーー!!ヽ(^。^)ノ

1日1回、愛のポチをお願いしまぁ~~~す♪

下

にほんブログ村

 

読者登録してね