会津東山温泉 向瀧 【宿泊記】 建物・中庭編

テーマ:

会津東山温泉 向瀧 ☆ 登録有形文化財第一号の宿 からの続きです。




お部屋でちょっとだけ休憩したら明るいうちに館内&浴室の撮影に(笑)。


外観画像もこの時に撮りに行ったものなのよね♪


チェックインの時は、ずっと番頭さんが一緒だったので


あまりパチパチしいてるのも気が引けるしねww。




という事で、先ほど通った廊下を玄関まで戻り


外に出てまず外観を・・・・、





撮影した後の・・・、




館内探索になりますww。




そうそう、外に出るときも番頭さんが


すかさず下駄とつっかけを出して並べてくださるの。


おもてなしが徹底していて、慣れないおじゃる☆は恐縮しちゃうww。


でもって、おじゃる☆はいつも、つっかけをお借りしました(笑)。




玄関入ってすぐの右側に、小さな売店があります。


最近の現代的なホテルの売店はコンビニ化していて


それが便利だったりもするのですが


ここは、そういった物は置かれていません。




赤べこや絵蝋燭、会津塗などのお土産品。


あくまでも、福島や会津の伝統工芸、民芸品、特産品。


それから、向瀧のオリジナルのお土産品などなど。



ビールやお酒は、帳場に電話すればすぐに仲居さんが持ってきてくれる。


アイスクリームも同じ。


コンビニと比べるとちょっと割高ではあるけれど


そもそも向瀧に泊まる人は、そんなみみっちい事は言わないのだ(爆)。




売店前の年代物の電話機。


これって現役なのかな?(笑)




キョロキョロしながら廊下を進むと


湯川沿いの塀の上にお魚!!





可愛い~~~♪ヽ(^。^)ノ



鯛かな??


泳げたい焼クンに似てるから、やっぱ鯛だよね(*^。^*)。←いい加減な推理ww。


あ、でも向瀧の名物料理は鯉だから鯉??




どちらでも良いけど、やっぱこういう遊び心が嬉しい!!


おじゃる☆はここしか気づかなかったけど、他の屋根にも魚さんいるんだって♪


向瀧に泊まったら、探してみるのも一つの楽しみだね(^_-)-☆。




さらに進んで、中庭に面した回廊♪




まずは左側からカメラ


右側の廊下に手が見えるのは、怖いものではありません(爆)。


写真撮ってるお客様がいらしたのよ。


待ってたけど、手をひっこめてくれないので、そのまま撮っちゃったww。



いなくなってからもう1枚♪


ガラス越しなので、照明が良い感じに写ってる。


池には鯉がたくさん泳いでいたよ。





そしてこちらが先ほどの先客さんが撮っていた位置からの中庭の景色♪



う~~~む、素晴らしいぃーー!!ヽ(^。^)ノ



ちょっとカメラを右手に降ると・・・。



傾斜を利用して和風庭園が造られ、


さらに回り込んで建物も立体的に配置されているのが良くわかる。


右側の棟からの景観もさぞ素晴らしいだろうが


階段が多くて、足腰に自信が無いと辛いかもしれない・・。


おじゃる☆じゃダメかも(爆)。



ここに部屋へと続く階段があるのだが通り過ぎてさらに奥に行く。


ここから先は、未知の空間である♪




廊下の突き当たりにこれまた立派な工芸品が展示販売されていた。




これは東山の奥にある中湯川の土人形なんだって。


素朴な味わいでなんか良いじゃない!ww


お値段も、金太郎と熊で5000円、小さな招き猫は700円と


向瀧としてはかなりのお手頃価格ww。



さらに廊下を鍵の手状に曲がるとその先が一番奥の『さるの湯』だ。




手前のこの階段を上ると、先ほどの庭園上部の部屋にいけるみたい。



階段下からの庭園の眺めもまた良い。


本当にどこから見ても、建物と庭園が見事に融合していて


一つの作品を作り上げているようだ。





この時の「さるの湯」は、残念ながら入浴客ありで、画像ゲットならず。


まぁ、浴室が5つも有れるので、無人の時も必ずあろうww。


チャンスはいくらでもある(笑)。




さるの湯の前にあった会議室。


ドアがクラシカルでそそられるww。



昔の建物って、取っ手一つとっても凝っているよね~♪←ダジャレでは無い!




よ~~し!!きつね湯と、貸切風呂2ヶ所の画像が撮れたゾー!!


部屋に戻って旦那を誘い、今度は庭園散策だww。




部屋の広縁からの庭園風景がこんな感じぃ~。



池には小さな滝もあり、飛び石の散策路に大岩小岩。


植木の形も、我が家の庭では考えられないくらいに美しく整えられているww。


庭には廊下の各所にサンダルが用意され誰でも降りることができるのだ。




これが庭園側から正面の建物を眺めたところ。



真ん中がおじゃる☆たちのお部屋・・丸見え~~!!(^_^;)




そうなの、庭園をお散歩してる人がいると


傾斜地だから同じ高さで視線が合ってしまうので(爆)


広縁に座っているときは、常にきちんと姿勢を正していないとww。


もちろん着替える時は、障子を閉めて本間でね(笑)。



下の廊下を仲居さんが歩いているのが写っているが


ここの方たちは本当によく働く。


写真を撮ろうと、館内をうろうろしていると


何人もの番頭さん仲居さんに出くわしww


その都度、いらっしゃいませ♪と笑顔できちっと挨拶して下さる。


グルグルしていても、もちろん他にそんな客はいないので


怪しい人みたいで、非常にバツが悪い(爆)。





隣の部屋には、小さなお子ちゃま連れのご家族が滞在されていたようだが


足音や話し声が漏れて、うるさく感じるといった事は一切無かった。


それだけ頑強な造りがなされているという事か。



離れにも行くことができるが


この日も宿泊の方がいらしたようなのでここまで(笑)。


やっぱいいな♪ヽ(^。^)ノ



今頃は紅葉に彩られ、また別の味わいぶかき庭園となっていることでせう。


春の桜に始まって、新緑の淡い緑、夏の力強い深緑。


そして秋の紅葉と四季折々に楽しませてくれる和風庭園ですが


冬の雪景色がまた格別だそうですよ。




12月から2月にかけての夜は純白の庭園に


80本の雪見ろうそくが灯されます。


毎夜、一本一本人の手によって灯されるほのかなろうそくの灯り。


これを見たくて、その時期に通うお客様も多いそう。


今度はぜひそれも見てみたいなぁ~♪ヽ(^。^)ノ



次はいよいよ、温泉編です!!






1日1回ポチッと押してくりょ~~♪ww


いつも応援、ありがとうーー!!ヽ(^。^)ノ

  下   

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村

SH902is携帯の方はこちらからお願いしますWハート 

↓

ブログ村 源泉掛け流し温泉 (`∀´)



AD