みなさまのご期待にお応えするため、


夜も寝ないで頑張りましたーー!!ヽ(^。^)ノ


 



いやぁ、それにしてもホント。


あの画像1枚で、あんなに反響があるなんてビックリ!!\(◎o◎)/!


それくらい有名で、それくらいみなさま憧れのお宿なのねぇ♪


かくいうおじゃる☆も、温泉マニアになるずっと前に


TVで初めて金具屋さんを拝見した時から


いつか泊まってみたいと・・ずーーーっと憧れておりました。




それが今回、実現することになったのは


11月末期限のじゃらんのポイントが12000円分もあったからなの。


夏休みのキャンペーンポイントで、11月一ヶ月だけしか利用できないポイント(^_^;)。


さすがに流すには勿体ないけど、あまりたくさん持ち出しになって


じゃらんの策略にはまるのも悔しい(爆)


極力自己負担が少なく泊まれるお宿を探してみましたの。


オーッホッホッホ!(´0ノ`*)




と言っても、いくら安くったって


泊まりたくもないお宿に泊まっても仕方ないから


そこはちゃんと候補を絞って(^_-)-☆




最終的に残ったのは、法師温泉長寿館さんと伊香保温泉千明仁泉亭


それから、福地温泉の孫九郎と、ここ金具屋さん。


法師は春に泊まったばかりだけど、何度でも泊まりたい素晴らしいお宿!




でもねぇ・・。


宿泊したのが、たまたま月に一日だけ特別価格設定のある日で


なんと金具屋さんが一番安かった(爆)。




なので、みなさまが期待なさっているような重要文化財の凝ったお部屋は


このブログには登場いたしませんので、あしからず!ww




部屋とお料理は普通。


でも、歴史に彩られた建造物も


館内8か所の24時間入りたい放題の源泉掛け流し温泉も


3万円払おうが、格安プランだろうが、分け隔てなく


同じように利用できますのでご安心くださいませ(笑)。





前置きはこれくらいにして、金具屋さんのご紹介、始まりにございまするm(__)m


温泉にいらっしゃい♪



歴史の宿 金具屋 → HP

住所 〒381-0401 長野県下高井郡山ノ内町 渋温泉
TEL 0269-33-3131  FAX 0269-33-3135


角間温泉越後屋さんで3つの貸切風呂を堪能。


大湯は次回にという事で、車で10分ほどの渋温泉に到着です。


温泉にいらっしゃい♪


着いたのは3時半ごろでしたが、平日だというのに


この狭い道路が『金具屋さんへの!!』チェックインの車


宿泊客で渋滞、ごった返していたので


夕方ひっそりしたころにあらためて撮影。(笑)




到着時は、ここで荷物も人も降りると、キーを預けて


ちょっと離れた駐車場にまわしもらえますので楽ちん。


温泉にいらっしゃい♪


重厚な木の扉・・・でも自動ドアです(笑)。


次々訪れるに宿泊客に笑顔で応対しながら 


手際よく到着順に受付を済ませ


呼ばれるまで奥のラウンジへ通されます。


温泉にいらっしゃい♪


上が帳場とロビー。




下が居心地の良い、ラウンジ。


金具屋さんにまつわる書籍や資料、写真集などが並べられ


宿泊客は自由に読むことができます。

温泉にいらっしゃい♪

さほど待たずに仲居さん登場。


今夜のお部屋に案内してくださいます。




途中、お風呂や食事処の説明も忘れずに。

温泉にいらっしゃい♪


宝暦八年(1758)創業の金具屋さん。


前身はやはり鍛冶屋さんだったそうです。




館前の街道は、信州・善光寺と上州・草津を結ぶ草津街道で


渋は志賀高原の山越えの宿場町として栄えていたそうな。


金具屋さんはそこで、馬具の整備や蹄鉄を作っていた。




ところが、宝暦四年(1754年)


裏山「神明山が崩れ渋の半分が土砂に埋まる大災害。


金具屋さんのあった場所も土砂に埋まってしまい


その復旧作業中に敷地内から湧出した温泉。


これを機に、鍛冶屋さんから宿屋になり


当時の松代藩主から前職にちなんで「金具屋」と命名されたそうな。





当初は、普通の湯治宿だった金具屋さん。


昭和の初期に、六代目当主となった西山平八郎さんが


これからは、湯治では無く観光の時代だぁ!ヽ(`Д´)ノ


と、宮大工を連れて、観光旅館の先進地、伊豆や箱根を巡り


そこで気に入った建築を取り入れて、当時の最高級


木造四階建ての斉月楼や、大広間を建設。


これが現在もほぼ当時のままの姿で残り


国登録の有形文化財に指定されているのです。





あ、このお話は仲居さんから聞いたのではなく


HPで勉強し、勝手に抜粋しました(笑)。




さらに詳しく知りたい方は

金具屋さんホームページに  ここ!!

詳しく書かれておりますので

どうぞそちらをご覧ください。  





上の写真は、斉月楼の建物と階段。


斉月楼にも部屋があり、泊まれます(高いww)。


食事は、個室では無く文化財の大広間でいただきますので


その時は上の階段を登り、エレベーターに乗りついで八階に上がるのですが


そちらのご紹介は、またお食事の時に。




金具屋さんには、この斉月楼のほかに


明神の館、居人荘、潜龍荘の宿泊棟があり


明神の館には、上の画像階段のすぐわきにある


もう一つの階段を登ります。


温泉にいらっしゃい♪


それぞれの建物も、趣向が凝らしてあって素敵!


貸し切り風呂めぐり編で詳しくご紹介しますのでお待ちを(笑)。



他の居人荘、潜龍荘宿泊者は


下の廊下を奥へと進みます。




こちらが斉月楼の廊下。



温泉にいらっしゃい♪

ここが館内でも最高の撮影スポット。ヽ(゚◇゚ )ノ


まるでその昔の京都の小路のような造り。


(その昔の京都の小路を知りませぬが・・(^_^;))


本当に見事としか言いようがありません。


ガラス戸の中には、金具屋さんの歴史にまつわる品々が展示されています。

温泉にいらっしゃい♪


きらびやかな廊下を抜けると、居人荘。


カラータイル貼りの階段が可愛い!!


階段も一つ一つ、意匠が凝らされて


どこもかしこも見て歩くだけでため息が出ちゃう・・。




この階段を上がった二階から四階に、五つのお部屋があるのですが・・。

温泉にいらっしゃい♪


上がってみたら・・・。


この急こう配の階段(爆)。

温泉にいらっしゃい♪


足腰の弱い方、お年寄りには無理だと思われます(^_^;)。




幸いにも・・なのか、残念ながらか(笑)


おじゃる☆の部屋はもっと奥なので、先を急ぎましょう。


温泉にいらっしゃい♪


今回のお部屋は、潜龍荘。


一番奥だから、なんせ遠いんです・・。


温泉にいらっしゃい♪



よく覚えておかないと、迷子になるのです・・δ(⌒~⌒ι) とほほ


温泉にいらっしゃい♪


でも、こんな素敵な館内をきょろきょろしながら歩くのは楽しい( ´艸`)。


この時間女湯の浪漫風呂の前を通り・・・ここから潜龍荘。

あーーん!早く入ってみたいヽ(^。^)ノ


温泉にいらっしゃい♪


階段を上ったら、今回のお部屋。


温泉にいらっしゃい♪


潜龍荘は、廊下も狭い。


こんな普通な感じの建物です(爆)。



温泉にいらっしゃい♪


お部屋は「ことぶき」。


廊下から見ると障子飾りの模様がちょっとお洒落。


中に入るとまずは、板敷きに洗面台、トイレ、冷蔵庫。


そして、二畳ほどの畳の踏込があって奥が本間になっています。



温泉にいらっしゃい♪


広さは本間だけで十畳もあり広い!二人じゃ贅沢ねww


きちんと手入れされた清潔なお部屋で


ぼろくないけど、ほどほどに情緒も感じる良いお部屋です♪



凝った(高い)お部屋を知らないので、全然これで良し!!(爆)


温泉にいらっしゃい♪


お茶菓子は温泉饅頭。



アメニティーは、ビニールの巾着袋に


名入りタオル、歯ブラシ、髪留め(女性)、髭剃り(男性)。

温泉にいらっしゃい♪



各部屋に一個ずつ


渋温泉の『九湯共同浴場巡り』の鍵が備え付けられてます!!

温泉にいらっしゃい♪


すんごい大きいの!!(爆)


これを持って湯めぐりってワクワクしちゃう!!ヽ(^。^)ノ


でも、今回はしてないけどねwww


これ持って、大湯にはお出かけしました♪


温泉編については、また後ほど(*^。^*)。

温泉にいらっしゃい♪


障子を開けると、この風景。


中庭と隣のお部屋、まぁ、悪くない(笑)。



この外の手すりの上をサルが歩いて通るそうです!\(◎o◎)/!


鍵が開いてると、勝手に開けて入ってくるそうなので


施錠は忘れずにとの事でした・・。


さすが、しぶざるくんの町や・・(爆)。




ざざっと、お部屋に入るまでの館内と


金具屋の歴史についてのご紹介でした。


まだまだかきたい事いっぱいあるけど


温泉編、食事編と続きますので、その折にさらに詳しく(笑)。




「千と千尋の神隠し」そのままの場所なんかも出てきます。


本当に雰囲気あのまんま!!ヽ(^。^)ノ


どうぞ、引き続きお楽しみに♪






【追記】 続きはこちら♪ ↓


渋温泉 ☆ 金具屋 八湯巡り 前編


渋温泉・金具屋 ☆ 八湯巡り 後編  


金具屋 ☆ 月イチお得なモニタープランの【お食事】



  
 


 

 今日も応援、ありがとうーー!!ヽ(^。^)ノ

1日1回、愛のポチをお願いしまぁ~~~す♪

 ↓


にほんブログ村

 

 

 

読者登録してね