紀州ドンファン事件を再現する | 覚せい剤,危険ドラッグ,止められない君に贈ります

覚せい剤,危険ドラッグ,止められない君に贈ります

厚労省のいう「依存症は絶対治らないという」エビデンスは何処にあるのか?覚醒剤や危険ドラッグに一度はまった青少年を救う道はないのか?


テーマ:

事件は皆さんもワイドショーで見ているので俺より細部は詳しいだろう、別にこの男の人生を俺が語る必要はないが、覚せい剤をどうやって摂取したのかという疑問が俺にはあった。

 

ニュースから

欧州の伝説上の放蕩(ほうとう)児になぞらえて「紀州のドン・ファン」と呼ばれていた和歌山県田辺市の酒類販売会社社長、野崎幸助さん(77)の死をめぐる謎が深まっている。野崎さんの遺体の血液や胃などから覚醒剤成分が検出されたためだ。生前、薬物にまつわる噂はなく、何者かに故意に摂取させられた可能性もあるとして、和歌山県警は覚醒剤と死亡との因果関係の捜査に乗り出した。野崎さんが亡くなってから7日で丸2週間。数十億円とも言われる資産家の急死の背景に何があったのか。

デヴィ夫人(右)の誕生パーティーに招かれた野崎さん(左)=今年2月、東京都

遺体から覚醒剤 自伝に「覚醒剤とは無縁」 知人は「酒もたばこもやらない」

 「ドン」。5月24日夜、白とピンクを基調とした高い塀に取り囲まれた同市朝日ケ丘の野崎さんの自宅に物音が響いた。野崎さんが経営していた会社の従業員らによると、しばらく後、今年2月に結婚したばかりの20代の妻と60代の家政婦が、物音がした2階の寝室のソファで倒れている野崎さんを発見したという。

 まもなく、野崎さんの死亡を確認。遺体には目立った外傷はなかったが、行政解剖の結果、血液や胃などから覚醒剤の成分が検出された。死因は急性循環不全だった。野崎さんは過去の自伝に「覚醒剤とは全く縁がない」と記述。40年来の付き合いという知人男性も「薬物どころか、たばこも吸わないし、酒もほとんど飲まなかった」と話し、解剖結果に首をかしげた。

 

さて、まず急性覚醒剤中毒死はよくある事で、例えばホテトル、う~んと今の合法デリヘルみたいなものだが、俺のやっていた当時は違法であった。

その時、他の店のホテトル嬢が客に覚醒剤を打たれて死んだという事件がそうだな~5回は起きた。たまたま、俺の店のお客ではなかったのだが、俺の店にも電話してきて捜査一課の連中が「お前の所の店の女の子か?」というので喫茶店で「いや~違いますよ、電話してきただけでどこそこのみせのこじゃないかな~刑事さんも知ってるでしょ」てな会話が何度かあった。生活安全課とは犬猿の仲だったが捜査一課は別段問題はなかった。

 

とはいっても、覚せい剤を嫌がる女に無理くり打つことは当然できない、暴れている女の静脈には注射針は入らないからね。ほぼ同意のうえでやったのだろうが量が多すぎたと思われる。

 

ここで致死量の問題があるが、普通初心者の場合耳かき一杯、0.02gといわれるが、これが0.2gをやると急性中毒になることは女性の体格から考えても、常習者の0.2gと初心者の0.2gでは効果がまるで違う。そもそも覚醒剤には耐性ができてしまい。俺の通常量も0.2gを1日2回から3回だったからね。当然初心者の女の子ができる量ではない。

 

さて、第二に、1gを打とうとするとどうなるか?普通は腕にゴムバンドをまき覚醒剤が注射器に入った時(血液が逆流するのでわかるが)にゴムバンドを外して注射器を押すが、1gを俺は何度か打とうとしたが、途中で指の力が入らなくなり打てない。

打つとしたら、ゴムバンドを強く巻いて一気に覚醒剤を押し込み、ゴムバンドを外すが、これはその瞬間ほぼ急性中毒で死ぬ。一気に脳に流れ込むからね。

 

覚醒剤は苦いののそれも半端なく、そのまま飲むかという疑問があるが、

 

おれがSMクラブをやっていた時に客が浣腸でお尻から女の子に覚醒剤を入れた事があり、この場合女の子は気が付かない。

 

この事件は浣腸か?

 

いや胃に覚醒剤成分があるというのであれば飲んだのかもしれない。ただ、ビールで飲むにしてももし、このドンファンが覚醒剤初心者ならばそう多くない量でも急性中毒になる可能性はある。

 

大量の覚せい剤と報道されているが、0.2~0.3gでも高齢のため死ぬ可能性は高い。カプセル説は確かにあり得るかもしれないが、ビールに0.3gを混ぜることは可能だったろう

なるみんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント