第28回ウェイト制東北空手道選手権大会 | 青森の空手道場 新極真会 青森鳴海道場通信

青森の空手道場 新極真会 青森鳴海道場通信

子供からシニアまで - 青森・八戸・弘前に空手道場をもつ、青森鳴海道場の公式ブログです。
空手道場の練習風景や試合結果、雑感などを中心に紹介していきます。
随時道場生も募集しております。ちびっこ空手クラスを2015年4月から新規開設します♪


テーマ:
第28回東北ウェイト制空手道選手権大会大会。

木田悠君が重量級でみごとに優勝しました。



本格的に受験勉強が始まり、稽古に参加する日数はぐっと少なくなりました。

現状より高い大学を希望している様子。

短い時間でもやる時は集中して稽古する。

そうやって何とか乗り切ってきました。

今回だけは内容は問わず必ず優勝してこい、とだけ課題を与えました。

なぜなら今の受験システムはそういうものだから。

人間性も能力も関係なく努力して良い点を取れれば合格出来る。

内容が良くても点数が取れなければ失敗です。

それは僕たちの生き方ではないけれど、そういうやり道を選ばなければいけない時もある。

だから今回は優勝してこい、ということです。

立派だったと思います。

相手の小柳選手も若い木田君を大きな器で受け止め、全力で真っ向勝負に挑んでくれました。

心から敬意を評します。

小学6年生女子の部はなぎ紗ちゃんと栞名ちゃんが決勝で対戦し、なぎさちゃんが優勝しました。

大黒谷匡恭君が中学生軽量級の部で準優勝。

試合が初めての子達もよく頑張りました。


子供達の試合は結果は全く関係ありません。

開始直後に一本負けしても良いじゃないですか。
その小さな心臓をバクバクさせてプレッシャーと戦った。

それで十分です。

だから試合や審査が終わったら美味いもん腹一杯食べさせてあげて下さい。

お疲れ様でした!






narumidojoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス