10月3日の成田市児童ふれあい交流事業(講演会&プレーパーク)の興奮冷めない3日後、赤坂公園でプレーパークを開催しました。

この日は成田市の幼稚園や保育園のほとんどが運動会でした。

運動会日和でもあり、プレーパーク日和でもあり。

 

少ないかな~と予想してましたが、3日の大人数の賑わいとは正反対のスタッフだけ~が数時間。

のんびり遊ぼうか~と言っていたところ、小学生男子3人がふらっと横切りました。

どうやら、公園でベイブレードをやりに来たようです。

 

「遊んで行かない?」ナンパしました。

 

最初は戸惑いつつ、「ベーゴマのベーってなに?」なんて話から昔遊びの羽子板や将棋などして遊び始めましたよ♪

 

おむすびっこが来ると、面白そうなことを始めました。

木の上に秘密基地を作るそうです。

 

でも、いろんなことが気になり途中のまま他の所に行ったり。

普段やらないことばかりが周りにあって気が散漫になっちゃうんでしょうね。

少しずつ場慣れしてくると、こうしたい、あれしたいと要求が出てきました。

しめしめ(二ヤリ)

3日のプレーパークでゲームセンターに行くはずだった小学生たちと同じパターンだわ!

 

穴を掘りはじめました。

「サバイバルしたいんだよ、おれ」なんて話しながら、ひたすら掘ります。

掘りつづけている間、ポロポロっと自分の家庭のことや学校のことも話してくれました。

 

完成!!

 

地下にある(彼の中では地下のイメージ)自分の専用イス。

座って満足げに焼き芋を食べていました。

 

木材をいただきました!ありがとうございます。

 

その木材で工作が始まります。

 

おっ!時計台!

彼はどんぐりに顔を描いてくれたり、この時計台を作り終わると木材をドラムスティックのように持って♪トントン♪リズムを刻んでいました。

 

 

その傍らでは、小さな女の子が水遊びに耽っていました。

この髪型!意図して出来る髪型ではないですね~。

 

彼女は、掘られた穴にそっと入ってみたり

とても好奇心旺盛!可愛かった♪

 

この日は人数も少なく要望もなかったので、ターザンロープを作っていませんでしたが、自力でターザンをやろうとしている男子が!

 

滑車の部分をどうしようか考えていたようでしたが、最終的にプラコップを使うことにしたようです。

さて、結果は・・・。

 

うまく滑らず、撃沈。

でもここまでよく考えた!結果は何にせよ、チャレンジしたことがスゴイぞ!!

 

ベーブレードやるつもりが、こっちの方がいいや!と一旦お昼ご飯を食べに帰り、また戻ってきてくれた小学生たち。

帰りは、作った木材が自転車かごに入らず背中にさして帰って行きました。

「また来るね!」

その言葉が何よりうれしかったのです。

 

10月はプレーパーク尽くし!今度の開催は・・・

 

10月13日(土)、14日(日)2日連続!

中郷プレーパーク@旧中郷小学校

13日プレーワーカー めがね

14日プレーワーカー なかじ

時間は10:00~16:00。出入り自由、参加費無料です。

 

天候が悪い時は体育館での遊びも考えていますよ。

もちろん、雨でもお外で!ていうのも楽しいですね。

 

花火も良いけど、自由な遊びはもっと楽しい!!

遊びに来てくださいね~♪

 

 

 

 

講演会が大盛況で終わり、講師だっためがねはプレーワーカーのめがねとなり、そしてプレーワーカーなかじが加わるという、なんともスペシャルなプレーパークを赤坂公園で開催しました!

 

昼食後すぐに公園の周りを歩き、リスクハザードを確認するめがねとなかじ。

さすがです!見習わないと!!

 

講演会から残ってくれた小さな子どもたちと早速始まりました。

 

ブランコ作ったり

 

火をつけたり

 

穴を掘ったり

 

子どもたちは、めがねやなかじのひとつひとつの動きをよーく見ていて真似したくなるから、ずっとくっついています。

あっという間に距離が縮まります。

 

 

 

 

そして、早帰りだったという小学生男子たちがやってきました。

ゲームセンターに行く前にふらっと寄ってくれたそうです。

なかじを「リーダー」と呼び、ロープでなにやらやり始めました。

 

めっちゃ楽しそう!

 

彼らは、一通りロープで遊んだらゲームセンターへと消えていきました。

が!数時間後に戻って来たのです!!

 

またまた「リーダーは?」となかじを探し、一緒にターザンロープを作っていました。

めっちゃ早くてスリル満点のターザンだったそうです。

ゲームセンターより魅力的で楽しかったんだね!そりゃそうだ!と心の中でニヤリとしてしまいました。

 

掘った穴に埋まる子どももいた!

 

せっせ、せっせと土を被せていたのはめがねと子どもたち。

背中にはちびっ子が張りついています。

 

どんなに斜めっても落ちないぞ!

 

もう、説明はいらないですね。

本当に子どもたちが好きなことして、やりたいことやって、すごくいい顔ばかり!

写真を見ていていただければ伝わるでしょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもたちが本気で遊ぶ姿、大口開けて大笑いしてるのを見て、本当に本当にうれしかったです!

うれしい気持ちは楽しい気持ちにつながっていますね。

私たちスタッフも多いに楽しみました。

 

小学校の6時間授業を終えて遊びに来た子どもが「短い時間だったけど満足した!超楽しかった!」と言ってました。

遊び尽くすって時間じゃないんですね。

短い時間でも、遊び尽くせることができると今回知りました。

放課後にプレーパークをやりたくなっちゃいました!

日が暮れてもこんな風に遊んでるなんて素敵じゃないですか?

 

こうして楽しい一日は終わりました。

講演会の準備に頭を悩ませ、言葉を届けてくれためがね、ステキな講演会をありがとうございました!

めがねを心配しつつ、朝から来てくれたなかじ、ありがとうございました!

親御さんにも子どもたちにも心に残る一日だったと、開催して良かったと心から思いました。

関わってくださったたくさんの皆様に感謝します。

ありがとうございました。

 

さて、興奮冷めないうちにまたまたプレーパークを開催します!!

10月13日(土)、14日(日)2日連続!

中郷プレーパーク@旧中郷小学校

13日プレーワーカー めがね

14日プレーワーカー なかじ

時間は10:00~16:00。出入り自由、参加費無料です。

 

 

 

どんな遊びが始まるかな。楽しみです!

天候が悪い時は体育館での遊びも考えています。

もちろん、雨でもお外で!ていうのも楽しいですね。

 

花火も良いけど、自由な遊びはもっと楽しい!!

遊びに来てくださいね~♪

 

 

 

はぁ~DASH!夢のような一日が終わってしまった~ビックリマーク

10月3日夜、ポツリと出た言葉。

成田おむすびプレーパーク6年目にして、超スペシャルな一日でした。

 

第一部『相澤 孝紀氏 講演会』

プレーワーカーめがねの講演会は、めがねの人柄あふれる温和な空気に包まれていました。

 

子どもたちもたくさんその場にいたので、子どもの声がBGMのよう。

 

 

分かりやすくまとめられたスライドと資料とともに、めがねの言葉で伝えてくれました。

表題にもある『だいたい、ぜんぶOK!』だよと。

 

私たちスタッフもめがねの研修を受けたことがあるのですが、その時の資料よりもボリューム増し!

私たちの要望に添って、資料も作りなおしたり加えたりしてくれたんです。

ありがとうございます!!

 

講演会の中で参加の皆さんに

「心にズドーン!と残っている遊び絵日記」を書いてもらう時間がありました。

 

 

書いている皆さんの周りを歩きながら声をかけていくめがね。

子どもの頃を思い出しながら書いている皆さんは口元がほころび嬉しそうな表情でした。

 

そして、シェア。

 

 

遊び方も、楽しかったことも人それぞれですね~。

でも共通していたのは、遊んでいた場に「大人」がいないということ。

○○(遊戯施設など)へ行った、というエピソードがないこと。

皆さん、身近な場所でいつも遊んでいた遊びを書いていました。

「ジャングルジムのてっぺんから飛び降りるのをひたすらやってた」とか、「空想ごっこをしていた」とか、何気ない日常の遊びの光景が心にズドーン!と残っていること、とても興味深かったです。

 

講演会に参加された方々に書いてもらったアンケートが、とても熱を帯びていて!

少しですが一部抜粋してご紹介させてもらいます。

 

・自分の子どもの頃のあそびを思い出すのは気づくことが多かったです。大人がしてくれたことって子どもの記憶に残っていないですね。自分でやったことしか覚えてなかったです。子どもに任せて大丈夫ですね。

 

・自由の意味が今まで思っていたのとは違った。子どもの意思をもっと優先させてあげようと思いました。日々の育児で“大体大丈夫”って思うようにしたい。

 

・親が必要以上に頑張らなくてもよいと考えることができた。とてもよかった。肩の力が抜けた。

 

・たくさんの体験をして経験を積み重ね、満足していづれやめる、だいたいOK。なるほどだぁ。ストンと落ちて安心することができました。

 

・めがねさんのような方が身近な公園にいてくれると、その地域は豊かになるなぁと思いました。

 

・やばいかなと母ちゃんの顔を伺う。それだけで子どもの責任は十分だという話にハッとさせられました。

 

・危険を隠さないという事に納得しました。子どもが一番自分のことを分かっているんですよね。

 

・だいたい大丈夫!!というお話を聞き、すごく心がラクになりました。

 

などなど・・・。まだまだたくさん感想があります。

必要以上に子どもの言動に注視し、肩に力が入ったまま子育てをしている親御さんたちに届けたい思いが、めがねの言葉を通して伝わっていることに感動しました。

 

成田にも常設のプレーパークを作って!という感想もたくさんあり、すごく励みになりました。

近々、シェア会をしたいなぁと考えています。

 

パート2プレーパークにつづく・・・。

 

 

 

 

9月1日開催しました。

 

夏休み最後の土曜日の開催日はのんびりゆっくりスタートです。

 

まず、いつもの場所に待っていてくれたのが、前々回から遊びに来てくれている

子ども達。

 

まってました!と、準備からお手伝いしてくれました。ありがとう!!

 

 

設営もゆっくり、子ども達も散策したりしていると

秋の味覚がころころ落ちているじゃないですか!

栗栗栗を焼き栗にしてみんなでお味見してみました。

ほくほくして、なかなかおいしかったですラブ

 

 

まだ、暑い日、プールも出しちゃいましょう♪

 

 

そして今日一番子どもたちが燃えていたのが「穴掘り」

だんだん深くまで掘っていくと、身体ごと入って掘っていきます。

 

周りで見ていた子も「(僕も)掘りたい!」と

スコップ片手に真剣に掘り始めます。お父さんにも加勢してもらい

だんだん深くなっていきます。

まだ、まだー。どんどん掘り続ける子ども達スコップ

自分の納得いくまで、続けています。

出てきた時の顔はすっきりした感じでしたニコニコキラキラキラキラ

何かに夢中になって、そこを中断されない場所ってなかなかないですよね。

わたしなんて、家にいると「あ、これしてね」って言ってしまいがちだけど

ここだと

大人も何も言わずに見守るのみ。

プレーパークではこどもの「やりたい」という気持ちに邪魔はしません。

何かをやりとげた子どもの顔、、、なんともナイス!な表情なんですよ。

 

終了間近にはこの穴掘り現場も、みんなで加勢して原状復帰。

 

 

終わりごろにやってきたお子さんから「まえ、作った。。。どんぐりの・・・ゆらゆらするので・・・」

と、キーワードを出してくれたので閃いたキラキラキラキラキラキラ

「やじろべえ」です!

2017年12月開催 記事に載っていますが

以前、アドバイザー吉岡先生と一緒に作ったどんぐりのやじろべえ

それを覚えてくれていたのね!

季節が廻り、どんぐりのなるころに来てくれた彼。

原体験として心に残っていた事、なんだかうれしくなりました。

未だ緑のどんぐりだけど、やじろべえできたねウインク

バランスをとるのも面白く、「ええ塩梅」のところになりましたね。

 

今回も子どもたちの心にある「何か」を受け取らせてもらいました。

ありがとう!!

次回の開催は10月6日土曜日です

 

そして、、、、、明日は

10:00~

「プレーワーカーから見た子どもたちのあそびの世界」

めがねの講演会と

 

13:00~

実践あそび、プレーパーク開催ですよニコニコ

講演会好評につき、お席を増やしました。

当日参加希望の方は、直接会場に来てください。

皆さんにお会いできること楽しみにしています!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成田おむすびプレーパークは

「平成30年度 成田市児童ふれあい交流事業」

講演会とプレーパーク同日開催します!

 

日程:10月3日(水)

 

【講演会】

10:00~12:00(受付9:30~10:00)

「プレーワーカーから見た子どもたちの遊びの世界」

~だいたい、ぜんぶO.K.!~

 講師:相澤 孝紀氏(NPO法人プレイフルエンタープライズわかば代表兼プレーワーカー)

 

会場:成田市保健福祉館 多目的ホール(赤坂1丁目3番1)

 

*申込必須(受付中。〆切9月26日)

*定員50名ですのでお早めにお申込みください。

下記の申込フォームからお申込みください。

相澤 孝紀氏 講演会 申込フォーム

 

上記のフォームからお申込みが出来ない方は

E-mail:naritaomusubi2012@gmail.com あてにお申込みしてください。

 ①参加者の氏名(フリガナ)

 ②住んでいる地区(例:成田市三里塚など)

 ③電話番号

 ④お子さんを同伴される方は、お子さんの年齢(月齢)

 

【プレーパーク開催】

13:00~18:00(出入り自由です)

プレーワーカーがいます!

相澤 孝紀氏(通称:めがね)

中島 良介氏(通称:なかじ)

 

場所:赤坂公園お花見広場(雨天時は福祉館多目的ホールです)

*お申込みは不要、直接赤坂公園に来てください。

 

外あそびに興味の出てきた小さな子から下校時の小学生、だれでも参加O.K!

【あったら良い持ち物】飲み物・着替え・火おこしで食べたいものなど

 

主催:成田おむすびプレーパーク・成田市

 

 

10月3日は見て聞いて(^-^)遊んでください♪

 

 

 

 

 

 

9月になりました~森

 

今日は夏休み最後の土曜日、赤坂公園でプレーパークやりますよラブ

 

そして・・・・

毎月一回スタッフが集まって「この次何やる~ラブ」「こんな遊び場ほしいね」って話したりしているのですが

今回はいろんな方の意見や言葉を私たちが聞きたい耳なぁとおもいたち

 

9月5日に「座談会」しちゃいますキラキラキラキラキラキラ

場所は

成田市保健福祉館(成田市赤坂1丁目3番1)

会議室1,2

時間は10:00~12:00です。(時間内 出入り自由です)

 

要はおしゃべり会なんです。

注)どろんこにあせではないですからkent

こんな感じでまったりと人が集まってしゃべる雰囲気ではーと

 

日頃の子育てのことでも赤ちゃん 2

 

開催時になかなか来れないという方も

「プレーパークってどんなところ?」

「プレーパークで何が出来るの?」

または「プレーパークでこんなことしたい!」

例えば、現在読み聞かせのボランティアをされている方と一緒に

プレーパークで最後絵本を読んでいる時間にどんな絵本がいいかな。。なんてお話していたり、コラボ企画も考えていたりふむ

質問、提案はもちろんのこと

話ながら一緒になにかできるかもしれません。

「ただ、きてみました照れ」や「前を通ったんで」「友達がいるので。」もちろんO.K.

お友達お誘いのうえ

ふらりと立ち寄られてくださいね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

台風接近と共に今回も予想気温は30℃越でしたが、赤坂公園の森には、風がゆらゆらと吹き

「家にいるより過ごしやすい」!!というスタッフも🎐

自然の中では森がつくった日影が気温を和らげてくれていました森

 

そして、プレーパークを心待ちにしてくださった方も多くいてにぎやかにたいよう。爆  笑

暑いのでやはり、、

プール!!

みんな待ってましたとばかりに水しぶきあっという間に芋の子を洗うような混雑ぶり

そして、初めての水あそび体験の小さい子は、最初は怖がって眺めていたものの

自分より大きい子が入っているのを見て、なんとなーく入って楽しんでいました。

これぞ、子どもは子どもから学ぶ!の一場面

 

 

こちらは穴掘りで落とし穴づくり

 

何やらひもをつけて

パラシュートいや凧 いやいや名前なんていいんです。子ども達は自分の感性で物を作っていきます

 

心に芽生えたものを形作るこどもたち

 

こちらでは、前回教えてもらったロープワークをはじめ。。。さらなるあそびへと展開していきます

小さい子も一緒に♪一致団結「そーっれ!」

 

そして、動画でもお送りしましたが、熱戦のベーゴマ大会(原さんいつもありがとうございます)

こちらの母は子どもを抱きつつ、決勝へ。母、強いキラキラキラキラ結果は動画をご覧くださいね。

 

のんびり過ごしたり、周りを散策したり、ターザンロープしたりと

思い思いに過ごしたプレーパークの時間

さてさて終わりごろになりましたよー・・・・・というときに

毎度のことですがなぜか盛り上がる時間帯があって

あっちでも「泥団子」こっちでも「泥団子」最後はお持ち帰りする子も。

集中して緩んで、また集中してと遊びの中で様々な表情を見せてくれる子ども達。

日が暮れるまで、遊べる。そのパワーがうらやましかったりしました。

 

異年齢で繋がり、はたまた本当の父や母でなくて、他のお子さんもなんだか同じように見守っちゃう

大人たちの存在。

まーるくなっってる、空間です。また、遊びに来てね♪

 

次回は9月1日土曜日

(10;00~16:30)赤坂公園 お花見ひろば

近くでは「お待夜」もあるけれど、合間をぬって遊びに来ても楽しいかもですヨ。

そして、夏休み最後の最後の土曜日。

 

夏をあそびっきっちゃおう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりの投稿となってしまいました(汗)

 

7月28日の“成田おむすびプレーパークin中郷”が中止となってしまい、プレーパークを楽しみにしていた皆さんには大変お待たせしてしまいました。

 

お盆あたりから、ツクツクボウシの鳴き声が聞こえてきました。

日が陰りはじめると、コオロギや鈴虫の鳴き声も響いてきます。

上を見上げるとすっかり秋の空。

 

稲穂は実り、田んぼが黄金色に。

 

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」

 

季節がめぐるのは早いものですね。

 

それぞれの夏休みを過ごしながらも、今後のプレーパークや控えている事業の準備も同時進行していたスタッフ面々。

夏休みは子どもと長く一緒にいる時間が多いので、一緒に遊ぶ時間もたくさん増えます。

そうすると、子どもたちの遊ぶ姿から気付くことや、また自分も夢中で遊ぶことで確信することが多々あります。

全てがプラスに働いて、「おっしゃ、やってみよう!」という力になっている気がします♪

 

子どもたちが全力で遊べる環境を!

子どもたちがワクワクする冒険を!

子どもたちが「やってみよう!」と言える場、実現できる場を!

成田おむすびプレーパークもこれからどんどん「やってみたい!」ことを実現してきますよ~!

大人の皆さん!

賛同してくださる皆さん!

お力貸してくださ~い!!

 

 

さて、8月23日(木)は赤坂公園でプレーパークを開催しますよ♪

暦の上では秋ですが、まだまだ水遊びが楽しい!

服のままでも、水着に着替えても、どちらでもOKですよ。

 

泥遊びも夢中になれます。

 

泥遊びで水がなくなったら、自分で汲みに行っちゃう。それも遊びの一環。

 

暑くても火を起こし、焼いて食べるグルメ派。

 

昔遊びで白熱派。

 

虫捕り派。

 

チャレンジ派。

 

何派でもイイ!

やってみたいこと、やってみよう!!

 

8月23日(木)10:00~16:30

赤坂公園お花見広場

多めの飲み物とお着替え持って、GO!GO!!

 

 

7月28日(土)に開催を予定していた“成田おむすびプレーパークin中郷”ですが、連日の猛暑による熱中症が懸念されるということで、残念ながら開催中止という判断がなされました。

 

楽しみにしていらっしゃった方、予定を空けてくださっていた方、大変申し訳ありません。

私たちスタッフも準備を進めていただけに残念で仕方ありません。

 

今回の開催にあたりまして、多大にご尽力いただきました個人様、団体様にもお詫び申し上げます。

 

次回の開催に向けて気持ちを切り替え、そこに向かってまい進していくほかありません。

詳細が決まりましたらお知らせいたします。

 

夏休みは、8月23日(木)に赤坂公園でプレーパークを開催します。

ぜひ、そちらに遊びにいらしてください。

7月20日は終業式。

子どもたちが帰ってきたらお昼ご飯をかきこんで、いざ!赤坂公園へ!!

 

セミの鳴き声とカブトムシが迎えてくれました。

 

そして必然的にこうなります。

 

それを見ていた女の子が「カブトムシのつの!」と小枝を拾ってきました。

泥だんごを渡したら、こんなカブトムシが出来上がりました。

カワイイ!

 

猛暑が続く今年の夏。

熱中症関連のニュースが連日聞かれます。

開催に向け、熱中症対策への準備を万全に開催時の状況判断も的確に怠らず!と気を引き締めてきました。

そんな暑さの中でも多くの親子の方々が遊びに来てくれて、プレーパークを必要とされていることを感じました。

 

でも、やっぱり暑いよね・・・。

だからすぐにこうなります。

頭からシャワー!! 気持ち良さそうだ~♪

 

「虹だ!虹だ~!!」 虹がすぐ近くに出現してとても嬉しそうでした。

 

 

スタッフが準備をしている時、一番乗りの参加者の親子が「こんにちは~!」と近づいてきました。

なんとっ!!

四街道プレーパークどんぐりの森(HP Facebook)のプレーワーカーのメンディーでした!!

お子さん二人の終業式後、はるばる成田まで遊びに来てくれた♪

「やっと成田に来れたよ~!」と嬉しい言葉。おむすびスタッフも大感激でチョー嬉しい♪♪

 

さっそく、見知らぬ成田の子どもたちの中に入りワイワイと楽しい雰囲気を作り出すメンディー。

お子さん二人も遊びなれてて、なんの違和感もなく溶け込み自分の遊びを始めていました。

さ・す・が!

(下がメンディー)

 

ハイジブランコを作ってくれて、びっしょぬれの子どもが上に乗っちゃった。

 

メンディーもビッショビショのドロンドロンに。だけど子どもはメッチャ楽しそうです♪

子どものやることを否定しない。

さ・す・が!です。

 

そしてベーゴマも強い!

 

小学生男子がオレもオレもと集まってきます。

「チッチのチィ!」

 

子どもも大人も関係なく真剣勝負できるのがベーゴマの魅力♪

ぜひ皆さんもチャレンジしてみてくださいね。

 

遊び、カレーを食べ、最後は土を均して颯爽と四街道に帰って行ったメンディー。

今度はどんぐりの森に遊びに行こう!と思うのでした。ありがとう!!

 

 

この日は頼もしいお手伝い男子が目立ちました☆

薪を適度な長さにカット。

 

マッチで火を点けてくれる。

 

お野菜をその場でカット。

 

お鍋に投入。

 

お手伝いも自分がやりたいことなら遊びになります♪

ターザンロープの設置の時にもガムテープをぐるぐる。

これもお手伝いという名の、この子にとっては遊びと一緒。

やってみたいんだもんね。出来ると思ったんだもんね。

 

ほら、出来上がり!

 

おむすびのターザンロープは到達した時の反動がスゴイんです。

くるんと1回転しちゃうんじゃないかってくらいに(笑)

だからか、こんな規制をいつの間にかされていました。

“ロープエー”って(笑)

 

夕方近くになると少し暑さが和らいでくる。

子どもたちの遊びはますます尽きません。

最初の方で作っていた水の流れ道をまた繋げ始めたり。

 

捕獲したカブトムシのオス同士を戦わせたがったり。

 

砂遊びしたり。

 

あちらこちらでやりたいことをして遊んでいました。

年齢も住んでいる地域も違う初対面の子ども同士が、やりたいことが一致しただけでこんなに親しく楽しげに遊ぶってスゴイですよね。

でも、この光景はプレーパークではよく見ることなんです。

プレーパークだからこその光景ではないでしょうか。

 

そんなこんなしている間に、カレーが二鍋出来上がりました!

 

皆さんが持ち寄った具材で作ったカレー。

外でみんなで食べるから格別に美味しい♪

 

 

猛暑の一日、こうして最後まで時間を共有できる人がたくさんいるって本当に幸せなことだと思います。

「暑いでしょうから、良かったら食べてください。」と梅干しを差し入れしてくださった方もいらっっしゃいました。

 

熱中症になる方もなく、ホッと一安心。

こちらでも万全の準備をしてきましたが、参加者の方も万全に準備をされて遊びに来てくれていました。

子どもたちも日陰の方で遊んでいたり、水遊びで涼んだりと遊びの中で自然と暑さを回避していました。

プレーパークでの遊びを通して、リスクを回避する能力が高くなってるんですね。

素晴らしいな!

 

今回の開催はそういった気づきや、さりげない気遣い、人の優しさに触れて、嬉しさいっぱい発見いっぱいのプレーパーク開催でした。

ありがとうございました!!