{A2C19188-6E61-42E2-B321-7D0306D5AA77}

どーも、はるきちです。

今年もやってまいりました、『 魚山人 ( ぎょさんじん ) 』ツアー。

やっぱり、ここは毎年来ないと落ち着かない。

大将もあいかわらずお元気で何より。

これまでは、5,000円のコースだったんですが、今回はどんなもんだとお試しもかねて、
「10,000円のコース」を総勢20名で堪能しました。

 

{A03792D2-9586-459B-B82D-81AF8FDAFE53}
 
{6EACE06C-DA53-4BF6-9044-629C5674CEA1}

 

 

{1EF23D37-43A0-4A2A-9AED-48CDB0D8DEBE}

 

 

{293E968E-5B15-4C91-AC31-0C0C20929AB3}

 

 

{A54FFFDC-A0FD-4AFF-AD8F-4AC94733F0DE}

 

 

{7E77045F-F2D4-4915-B5CF-9277008A51B0}

今回の出演陣(ラインナップ)。

お刺身から ヒラマサ、アラ(皮含む)、サクラマスの卵(醤油漬け)
カジメ
ナマコ
マゴチの焼き
あわび
甘鯛のさつまあげ
アラの煮付け
アラの刺身 追加
ひじきのキッシュ
サザエの壷焼き 吸い物仕立て
茶碗蒸し
殻つき雲丹
漁師まんま
あら汁
いちご

 

 

{7942ADA7-3924-49DF-8054-C3FC85ADB75E}

 

 

{D674938E-D611-4002-9B17-BC7EABB821EB}

 

 

{70F875CE-1F85-4169-8322-F967F8DDD081}

 

 

{38345AE8-E682-40CA-B057-B7611A1DAC24}

 

 

{633D5A86-9171-48DE-997E-004D02EDB2FD}

金額が変わっても、まさに漁師メシな豪快さと美味さは変わらない。

今回印象に残ったのが、これまでは壷焼きでシンプルに出されていたサザエが、
吸い物仕立てでスペシャルな内容になっていたこと。

やわらかく火入れされた身と、中に吸い物のように整えられたエキス。美味いです。

 

 

{27F1B783-2746-4E6F-B719-0849DA6D0786}

 

 

{E375B53B-B3A1-4D7D-9196-8C2E43C12D87}

 

 

{122F2432-8385-4596-AA74-64258C321CDE}

いつもの5,000円と比べてみると、ボリューム的には変わらないか、すこし落ち着いていた印象。

その分、使う素材が高級になっていたような気がしますが、
やはり「5,000円でこの内容が!?」というのがある分、感動数値はいつもより少なかったかも。

とくに今回出なかった、海水をつかった揚げ物や、〆の潮汁は、ぜひ食べてもらいたい絶品メニュー。

個人的には、初見の方はまず5,000円のコースを食べて、その後に違う金額のコースを愉しんだほうが
こちらのバリエーションの幅広さがよくわかるような気もします。

いずれにせよ、今回も海の幸をこれでもかと満喫できましたぜ。

ではでは。



お店のくわしい情報は、「コチラ」からどーぞ。