{7E1EF023-C05D-4A66-8CD3-769756978217}

どーも、はるきちです。

福岡でずっと支持されてきた洋食の名店、『和田門』さん。

日曜のランチタイムに訪問です。

念のために予約してうかがいましたが、いくつか空席もあったので、
予約してなくても入れるときはけっこうあるのかもしれません。
(とはいえ、人気店には違いないので、予約しておくのが無難です)

地下にある店内は、とても品のある雰囲気でございます。

 

{EE73C50A-7048-408F-84FF-6380FEADFD4C}

 

 

{5B46D607-E888-4647-A3D5-3A6A882BFBF1}

 

 

{BC1F7F6A-4A49-41E2-940B-8E72186A0DA5}

 

 

{C1BEDA16-A7F9-4ED3-A95E-4E36DB1F6948}

注文は「和田門風レモンステーキの御定食 2,800円」「和田門風スペシャルカレー 1,400円」です。

両方とも、サラダ、デザート(アイス)、珈琲(or 紅茶)がついてきて、レモンステーキの方はスープもついてきます。
(別途スープを追加するなら、「+500円」)

さて、まずはレモンステーキから。

長崎は佐世保名物のレモンステーキ。

長崎育ちの僕ですが、いまだレモンステーキの定義というか、「本当のレモンステーキってこうなんだよ」てのが、
まだまったく定まっておりませんで。

こちらのは、じゅーじゅー音を鳴らしながら、鉄板にのったそれがテーブルのそばまで運ばれ、
目の前でソースをかけて提供されます。

なので、最初はほぼレアな状態ですが、鉄板の温度で自然と熱が入っていきます。 

 

 

{D9CB4A1C-AC5A-4EAD-BDE9-6B565D82D2E3}

{C8BC7874-77E2-49F6-BC1E-7FC1980075BD}

ソースはレモン風味のさっぱりしたものですが、ご飯がすすむしっかりとした味つけ。

残ったソースにライスをひたして食べることも、スタッフの方からオススメされます。(レモンステーキの流儀)

お肉の質自体は値段相応かな? という気がしましたが、脂身が少なく、さっぱりいただける印象です。

 

 

{F484F530-352C-4181-8754-723307AA3B6E}

 

 

{CEE70470-FD5F-445B-8DC7-AA647DC91490}

 

 

{3F877B9E-9112-45E4-93BF-4283B3DE9189}

 

 

カレーは、まさに漆黒の色。

欧風カレーって、こうだよねってビジュアルですよ。

いただいてみますと、なんとも複雑な味で、ちょっと他にはない感じ。

フルーティさがありながらも、あとに、苦味が残る。

とても時間と手間をかけて作られているだろうことが、よくわかる味わいです。

ライスはバターライスで、レーズン、リンゴ、玉ねぎも少しずつ入っているようでした。

 

 

{1B0DDD37-FD4B-4898-A238-43D4765159AD}

 

 

{C3655E0C-7482-431E-B616-B1BBE1E376F8}

 

 

{59054109-E0C1-4DDD-AAFC-8B8224344D5B}


おそらくですが、福岡で育ってきた人たちが、ここのカレーなどを食べて、「そうそう、この味なんだよ」と懐かしむ、
または贅沢を味わう、そんな愉しみ方をされているんじゃないか、と、まわりのお客さんの様子を見ていて
そう感じました。

最近はなかなかこういう伝統的な洋食店が少なくなってきたように思いますので、
是非ともこれから先も残ってほしいお店でございます。

ではでは。



お店のくわしい情報は、「コチラ」からどーぞ。