{FDEBBBA9-3C43-4E42-87CA-60A49C234215}

どーも、はるきちです。

最近、塩田で育てる「クレールオイスター」をネットで注文した、牡蠣大好き野郎のワタクシでございますが、
冬は毎シーズンおじゃましている、糸島方面の牡蠣小屋へおじゃましてきました。

今回は、去年もお世話になった岐志漁港にある『牡蠣ののぶりん』へ。

日曜の11:30着。

テレビにも出たりしているからか、人気のようで満席。

奥で番号札をもらって、2〜30分くらい待ちました。

無料でジャンパーの貸出もされているので、みなさん洋服が「牡蠣汁ぶしゃーーー」で
汚れないようにそれを身につけておりますです。

ちなみに、ここの大将と思われる、のぶりんの姿は、ワタクシはるりんには見つけられませんでした。

 

{FB3B53F2-CDC1-4F88-B63A-D85955E535B0}

生ビールが半額で250円だったので、それを頼みつつ、
最初に牡蠣どれくらい食べるか聞かれるのでどうしようかと思っていたらば、
なにやら「牡蠣ご膳」なるものがあり、1人前2,000円で、
「1人 牡蠣800g、サザエ1コ、ホタテ1コ、エビ1尾、イカ半身、カキ飯1コ」という良い感じの内容だったので、
とりあえずそれを2人分注文。(1,500円のセットもあり。炭代込みの料金です)

今回の僕らみたいに2人で行くところなんかは、こういう風にそれぞれの種類を
「ちょい食べ」できるセットがあるのは、ありがたいですね。

 

 

{DA92AA39-9382-46B2-B1FA-D8D131CAC08B}

 

 

{10FD7209-4099-4AEF-A232-1DC4E7BFBE7E}

 

 

{924774A7-26FF-4373-A75C-C6CB7A558041}

 

 

{8DCBD1F5-2CC4-4917-91F0-9F5F0425B498}

 

 

{05ED6C1F-1172-4A71-9292-5F535513F9FF}

 

 

{66C2DF3E-6C4B-4DFF-87FC-1B5C5E5655C7}

さて、どんどん炭火で焼いていきますぜ〜。

今年は牡蠣が不作? とかで、いつもやっている持ち帰りや発送なども今シーズンはやっていないようでしたが、
実際に牡蠣を焼いてみるとたしかに、例年よりやや小ぶりな印象。

しかし食べてみると、うん、味はちゃんと濃いですね〜。

今年の岐志漁港のものがそうなのか、それともこちらの小屋がそうなのかはわかりませんが、
塩分濃度が高く、そのせいか甘みも例年以上に感じる気がしました。

やっぱ美味いなあ、焼き牡蠣って。

 

 

{F288FD72-F3EB-4370-B804-5FD08CBAE06C}

 

 

{6AC848AE-C9F1-46F9-9B05-E1F7AADFBFEC}

 

 

{36D88281-3004-40AA-938A-0788CB2E9C01}

追加で「牡蠣1kg」、「ハマグリ」、「牡蠣シチュー」、「イクラ&イカ飯」を頼みました。

ハマグリは時期的にまだ小ぶりですが、ちゃんと美味しいですし、イクラ〜飯も良い感じですね。

牡蠣シチューは、まあ、クリームシチューです。

 

 

{8C420B72-5C99-4E80-9492-488437DEF5A7}

 

 

{24C63B85-99D0-44C3-A7ED-77AE66E9E373}


個人的に惜しいなと思ったのが、ホタテなんかが冷凍だったことと、
ここはサイドメニューがアナゴ飯やタコ串など、個性的でそれを楽しみに来たんですが、
それらがほぼ全部店に来た時点で品切れになっていたところですね。

個人的に、牡蠣小屋は牡蠣やサザエなどの質で大きく差はないなと感じていて、
その他のサイドメニューやサービス面での充実で「違い」が生まれると思っているので、
そこがあるとまた違った印象になったかも。

ただ、サービス面は前述した無料ジャンパーや、取り皿が牡蠣のカタチに合わせたものなのですごく食べやすく、
そういったところは好印象でしたね。

ではでは。



お店のくわしい情報は、「コチラ」からどーぞ。