{27DA97CC-C1C1-41A8-AFFE-43BD9B80A28B}
 
どーも、はるきちです。
 
前回、オープン直後にうかがって、「真鯛の塩ラーメン」に感激した『地鶏らーめん はや川』さん。
 
その真鯛の塩ラーメンの販売がなくなったと聞いて残念に思っていましたが、
まだ食べていなかったつけめんを食べに再訪です。
 
今回は、日曜夜の、18時オープン10分前くらいに着。
 
その時点では、2組の待ち。
 
18時になるまで完全にシャッターが閉まっていたから、もしかして昼で今日は終了した? と不安になったけれど、
開店時間ちょうどにシャッターが店の中からガラガラガラッとオープンしました。

 

{0A5D001B-E2A0-47F3-AD24-0B5DC6758586}
 
注文は、「鶏と豚のつけめん 味玉トッピング 950円」
 
麺は大盛(無料)にしました。(普通が225gで、大盛が300g)
 
ちなみに、オープンして10分も経つと店内は満席に。
 
この日は雨も降っておりましたが、あいかわらず人気が続いているようです。

 

 

{0355C1FC-8F47-4CCF-8280-AEAF14CB205D}
 
麺は、2種類の北海道産昆布でとった出汁にひたされており、その昆布出汁が食べすすめていくうちに
つけダレとあわさり、味の変化が出てきます。
 
たしかに、タレをつけずにそのままでいただいても、ほんのり昆布の風味がして、美味しい。
 
歯切れ、喉越しもさすが。
 
ただ、個人的に福岡のつけ麺の麺は、「はなもこし」さんのが凄いというか好きだから、
どうしても小麦の香りなんかを比べてしまうかも。

 

 

{115570F3-E9C9-440A-BE5A-FFC6F551BF7D}
 
つけ麺ダレは、こちらの醤油ラーメンスープをベースに、豚の旨味をプラス。
 
中にはメンマと三つ葉とネギ。
 
そこにさらに柚子胡椒をプラスすると、香りなどがさらに変化していく仕様。
 
こちらの醤油ラーメン同様、品を感じるような豊かな醤油と鶏出汁の香り。美味いです。
 
福岡は豚骨醤油や鶏白湯系のつけ麺がほとんどなので、こういう醤油ベースの優秀なつけ麺というだけで、
価値があるように思います。
 
ただ、どうしてもつけ麺の特徴としてしょうがない部分があるのですが、食べすすめていくと、
このつけダレがどんどん冷めていきます。
 
そうすると、最初のひと口目のような香りや旨味の豊かさも減っていくような気がして、
そこの部分ですこしもったいない気がするかも。
 
他店のようにIHヒーターや焼き石などの温め直しのサービスをするか、難しいところですね。

 

 

{CE9F824E-BF0F-49E5-B0A6-67B0FF415A8F}
 

個人的には、やはり醤油ラーメンのほうが食べ終わったときの満足度は高いかなあという印象。
 
でもやはり、ここは真鯛の塩ラーメンがダントツだったかも。
 
時間かかってもいいから、いつかあの真鯛の塩ラーメンを復活してほしいものです。(数量限定とかでも)
 
ちなみに、僕が店を出るときにはけっこうな待ちが出ていたので、
オープン前から並んでおくのが、なんだかんだと時間の節約になって良いかもしれません。
(もちろん日によると思いますが)
 
ではでは。
 
 
お店のくわしい情報は、「コチラ」からどーぞ。