{300D14BA-1A7B-4469-9284-3B2B38E56CAB}
 
どーも、はるきちです。
 
さて、この日はヤキトーリを食べにきましたよ。
 
お店は、「やきとり稲田」さん。
 
大将は、なにやらあの「八兵衛」さんご出身ということで。
 
八兵衛出身の大将がやる店って、市内でどんどん増えている気がするのですが、
どこも人気が出ているので、いつも凄いなあと思っております。

 

{5021E5A8-9372-4D51-AB80-4C66E7865885}

 

 

{5920BF5A-1A63-41D4-91A8-7E768606B40F}

 

 

{7B78BAEA-5E4C-4C8B-BA1D-0DAA11E7370A}
 
白州のキリッとしたハイボールで喉をうるおしながら、
「新鮮野菜の浅漬け 580円」をぽりぽり齧り、ベジタブルファーストを実践。
 
こちらは、有名な「天草大王」という品種の鶏にこだわったお店。
 
それだけじゃなく、個人的な印象として、八兵衛系列のお店って、
どこも似たようなメニュー構成だなあと感じていたのですが、ここは他では見たことないようなメニューがけっこうあって、また新たな愉しみ方ができそうですよ。

 

 

{C27C50D3-0887-43B2-BE9D-9858BCBED26B}

 

 

{9602844B-6D6B-466F-AFEA-3633318D6F0A}

 

 

{DEF8B340-60FE-4FB9-8F72-2721CDE8425C}

 

 

{75702839-6B4D-4C43-B9C9-EDCFBF1924BA}

 

 

{90A44F08-F5B8-4D1D-81CA-094DF2762380}

 

 

{6276B9D4-63FE-4B09-B820-161FF1F13656}

 

 

{8591464D-9FD7-41FC-8533-1CF87250E0E5}

 

 

{B2075853-C2F2-4BBA-B312-8BEE46CC312F}

 

 

{D071599E-7636-454A-B65B-933CF3B85A32}
 
さ、焼鳥をいただくことにいたしましょう。
 
天草大王 せせり 200円
なんこつ 180円
豚バラ 180円
朝びき鶏の鳥きも 180円
レタス巻き 230円
つくね 230円
鳥皮 180円
天草大王の胸身 230円
ぼんじり 180円
 
といった流れでお串様をいただきました。
 
朝びきならではの新鮮さと、焼きの良さで鶏のジューシーさがよく伝わる焼き上がり。
 
時々、塩梅のバランスや焼きの強弱に差があるような気もしたけど、さすがな仕上がりです。
 
個人的に、せせり、なんこつ、胸身などの塩焼きが良かったということもありますが、
やはりここは「天草大王モノ」を中心に攻めた方が良いような気がします。
 
さすが大王様。よっ、大王様。

 

 

{3D53F64E-87A7-4CBA-A7B6-7D420315CF38}
 
〆的な食事として、
 
ヒレカツサンド 880円
大王スープ茶漬け 680円
 
も注文。
 
カツサンドは、レアさを残す揚げ加減で、ソースは甘めな感じ。
 
美味しいけど、2つで880円はちと割高な気もした。
 
茶漬けは、期待どおり水炊きのようなスープで、〆の雑炊みたい。
 
さっぱりとして〆にいいですね。

 

 

{1AEAD998-604C-4D76-B33C-41ED6FD8CDBE}
 

店内の構成は、カウンター席に座敷席にと、いろんな使い方ができそうです。
 
品のある雰囲気もありつつ、小さいお子さん連れのファミリーも来ていましたよ。
 
飲み物は、自家製サングリアや、ハイボールもベース違いで数種類あり、
いろんな飲み方ができるので、これはうれしいですね。
 
なかなか住吉で飲むことはありませんが、良い焼鳥屋を知ることができました。
 
ではでは。
 
 
お店のくわしい情報は、「コチラ」からどーぞ。

 

AD