{05AE7C9C-F4C3-4823-858F-267A961F6C40}
 
どーも、はるきちです。
 
さて、この日は南区の高宮駅から歩き、気になっていたネパリのお店へ突入です。
 
お店の名は、「ブッダ」さん。
 
週末の夜にうかがいましたが、日本人は僕くらいで、あとはみんなネパリの方々な感じ。
 
奥のテーブル席では、ネパリの若者たちがみんなで陽気に現地の歌を歌っているような、
素敵な空気感がそこにありました。
 
ちなみに、手塚治虫作の漫画「ブッダ」が大好きな小学生でした。
(大丈夫です。そんなヘンな子じゃありません)

 

{F3C98468-1871-4669-9A44-98396FAF0AF4}
 
若干ぬるくて、泡立ちもイマイチな生ビール(ご愛敬)を飲みつつ、すこしつまむことに。
 
まずは、「スクティー 600円」 。
 
これ、干し肉がかってぇこと、この上なし。顎が疲れるぜ。
 
でも、それが逆に日本人に寄せてない感じで面白い。
 
味はチリソースっぽい感じと、オイスター系の風味がくる。
 
15辛にしたけど、すこしピリッとするくらいかな。

 

 

{0ED484D5-A4B9-4137-8078-2A81CB33861F}

 

 

{01F41654-72BF-4A2C-8D55-9C887F9E3F3A}
 
お次は、「ギディ(羊の脳みそ)」を食べようと思ったんだけど、品切れ。
 
で、「ジブロ(羊の舌)」を~というと、それも数があまりないとかで、
「ブツワ(羊の内臓) 600円」と少しずつくらいなら出せるよってことで、結局それに。
 
ジブロとブツワのハーフ&ハーフ。
 
そのまま食べてみると、塩味ベースでシンプルに美味い。
 
ニンニクも効かせてますね。
 
羊独特の臭みも嫌な感じじゃなく、噛みしめると旨味といっしょに味わえる。
 
うん、これはなかなか美味いぞ。

 

 

{72E7B073-0D71-4AE3-983E-438F09B6F942}

 

 

{51C617C2-A05C-4EF0-BFE4-9B6E4F02EADB}

 

 

{ED4B7736-3439-4D74-9FF4-1EBECC69C3D5}

 

 

{20B194D5-86FA-4371-A87A-A11FED58769C}

 

 

{6F9F56A5-4BDD-49FB-B725-B4E99FBDB77F}
 
メインにいただいたのが、「デェド 1,300円」。
 
カレーはマトンをチョイス。(それかチキンが選べます)
 
ディド、カリー、ダル、ギュイウ、グンヅルック、ムラコアチャル、チャトニの構成。
 
マトンカリーは皮付き骨付きで、美味し。
 
ダルも発酵感がありつつ、素朴で良い味。
 
ディド、これやっぱ腹たまるなあ。
 
素朴な味で良いんだけど、個人的にはカレーなどの絡み具合ってこともふくめ、
やっぱりライスの方が好きかも。

 

 

{3D2C4D94-085B-4915-A5A7-F7BBB424145D}
 

最初から最後まで、ネパリの若者たちが歌う唄をBGMに、
店内を走り回るネパリの子供を危なっかしく見ながら、
現地の空気をすこしは味わえたかもしれません。
 
近くに薬科大とかあるから、そのへんの若者とかが客でいるのかと思ったけど、
たまたまなのか、この日はいませんでした。
 
まあ来たとしても、僕が今回頼んだメニューみたいなのは食べないのかも。
 
お店のジャンルも、食べログだと「インドカレー」になってるし。
 
全体的に塩気強めなのが好みにわかれるところかもしれませんが、
好きな人は好きというか、なかなかに面白いお店でしたよ。
 
ではでは。
 
 
お店のくわしい情報は、「コチラ」からどーぞ。

 

AD