{C5848097-926D-4996-8816-A7FFF3E406C3:01}

どーも、はるきちです♪

長崎のミルクセーキ&トルコライス巡りの旅
今回は「銅八銭(どうはっせん)」さんを紹介。

長崎ではかなり有名なお店でして
長崎が撮影地になった映画なんかでも登場したことのあるお店。

今回もそうでしたが、地元のマダムの方々にとくに人気なイメージがありますね。

{38C144F3-5295-4004-931A-70B47E3B735D:01}

ここのオムカレーが美味いと聞いたことがあったので
それをと思っていたのですが、まだここで紹介してなかった
「トルコライス 1290円」をやはり注文。

だいたいトルコライスといえば
揚げ物はトンカツと相場が決まっているのですが
ここは魚フライやコロッケなども選べます。

そこで僕が選んだのは、クリームコロッケ。

常連さんには、このチョイスがけっこう人気のようですね。

{411C56B0-FAF8-44A2-9856-0F1CD5B7332A:01}

長崎ではいろんなところでトルコライスをいただけますが
ここのはまず盛り付けがきれいですね。

品の良さを感じます。

構成としては、ドライカレーピラフ、パスタ(軽く下味がついている程度)
チョイスしたクリームコロッケ、そこにカレーソース(というかカレー?)が
かかっており、ちょっと離れた位置にサラダ。

うん、長崎のトルコライスとしては、上位に入ってくるクオリティかと思います。

ピラフはちょっとこの日は火が入りすぎかな? とは思いましたが
ちゃんとパラパラしておりますよ。

{9D55683A-23E7-468F-BAFA-6681F93923B9:01}

クリームコロッケは、魚介の風味を感じるので
もしかしてカニクリームコロッケ? と思いましたが
カニ身は目視できなかったので、真実は闇の中。

かかっているカレーが、時間をかけてしっかり煮込まれた
上質なものだったので、やはりオムカレーとして
しっかりカレーを食べてみたいという思いになりました。

{024F5B2E-58B9-43DB-9692-2612FE4C558E:01}

そして、「ミルクセーキ 630円」。

これがカウンターで作られていくのですが
何か異常が起こったんじゃないかというくらいの激しい機械音。

ガガガガガガガッと、まるでドリルで地面を掘っているような音が
閑静な店内に響き渡ります。

もうこの激しい音を聞くだけでも
このメニューを頼む価値があるんじゃないかっていうくらい。

{8D89751E-5723-47A2-BD97-F8FB041A7FEB:01}

奥様が仕上がり具合を見ながら作っていくのですが
何度も「うーん」と首をひねっています。

そろそろ機械を買い替えたほうが……といらぬ心配までしちゃうワタクシ。

{1204E391-80FD-4E44-B4C1-6A32C0C2B59E:01}

そして、やってきたそれは、とってもボリューミィ。

けっこう氷が粗い状態で残っていて、それを時折噛んでしまうせいか
中盤くらいから頭が痛みます。

使っている素材は、おそらく、牛乳、砂糖(または練乳)、卵、氷といった
シンプルな感じじゃないかなあ。

なぜなら、味が自分で作るやつにけっこう似ていたので(笑)

甘さはほどよい感じで、食感としては長崎で主流の
「食べるミルクセーキ」タイプですね。

{61BF4B89-F16F-4A32-8F50-20BEDC712ADE:01}

最後は、トルコライスについている珈琲を飲んで、ゆったりランチは終了。

{24FAA597-9F56-4491-98F3-7524CFBAD45A:01}

{94446ECF-C8CD-4FAF-8D1C-FBE98C06097F:01}

こういうと元も子も無いのですが、地元人的に言うならば
トルコライスもミルクセーキも家である程度美味しいものを作れちゃう
というか、作るんですよね~。
(ちゃんぽんもそうですが)

ピラフ作って、ナポリタン作って、残りモンのカツをのせて、カレーをかければ
まあトルコライスができるわけで、その手間をかけるかどうかってとこですね。

ミルクセーキも、上記の素材をミキサーに入れれば、あっというまにできちゃう。

しかも、自分好みな味に。

なので、店で食べるとなると、自分ではできないような調理技術や
味のレベルがないと、満足度もイマイチになりがちです。

しかも、両方とも、店で食べると良い金額しちゃうんですよね~。

そんな僕やまわりの地元人も満足しちゃうようなトルコライス店が
軒並み閉店しちゃった最近の長崎ですが
これからもあきらめずに隠れた名店を探そうと思います。

ではでは♪






お店のくわしい情報は、「コチラ」 からどーぞ☆