そばの神田・青葉亭(仙台市) | 主にラーメン二郎の記録

主にラーメン二郎の記録

主にラーメン二郎、二郎亜流店、二郎インスパイア店で食べたラーメンの事を書いていくつもりです。


テーマ:
そばの神田と青葉亭に行きました。


ラーメン二郎仙台店で小ラーメンを食べた後のことです。




予想外にラーメン二郎の列びで時間がかかってしまい、かなり不安を感じながら連食対象だった牛タンの「閣」へ。


場所は仙台駅と二郎の中間にあるぶらんどーむ(ブランドーム……正しくはカタカナかひらがなか分かりません。)と呼ばれるアーケード商店街の一角にあります。


急いで店頭まで来てみると…。




おぉ、これはこれは。ショックだなぁ。


閣は仙台にしか無くてかなり評判が高い牛タン屋さんだったので是非とも食べたかったんです……。まぁ次回の楽しみにとっておこう。




ちょっと落ち込んでいたので気をとりなおす為に甘いモノでも。とお茶の井ヶ田へ。


このお店もアーケード商店街の中にあって看板の通りお茶屋さんなのですが、店頭でソフトクリームなんかを販売しています。




購入したのはずんだシェイク。豆の食感を残していて甘さ控えめのシェイクをアーケードのベンチで飲みながら次なる行動を組み立てます。


そんなこんなでアーケードを駅方面に歩いて行って立ち食いそば屋に。




そばの神田です。


店頭の看板からも分かるように自家製麺、枕崎産のかつお節さば節でダシをとっていて、天ぷら類は店内揚げという押さえるべきポイントをしっかりと押さえている印象の立ちそば店。




仙台在住の方にも評判が良くて、全国放送のグルメバラエティ番組にも取り上げられたのを観たことがあります。


店内はオールスタンディングでスペースはそこまで広くは無いのですが、昼ごはん時を少し外しているのでゆったり食べられます。




オーダーは小柱かき揚げそば420円です。


小柱のかき揚げがレギュラーメニューとしてあるのが素晴らしい。他にもイカゲソかき揚げ、えびかき揚げ、ゴボウかき揚げ、野菜かき揚げ……食べたい天ぷら類がたくさん。




そばつゆは澄んでいて鰹等の「節」をしっかり感じつつ上品さを残している味わいです。




そばは若干細めでコシもちゃんとあって黒い「ホシ」も見えていたりと一般的駅そばとかのお店のそばとは差別化されています。


更に揚げたてらしいかき揚げはサクッと揚がっていて、トータルでポイント高いなぁ。と。


都内で似ている店は……強いて言うと秋葉原の「二葉」に近いと思います。


そばつゆまで全部飲んでご馳走さまでした。旨かった。



そばを食べ終わった僕はやはり牛タンへの想いが捨てきれなくて、やっぱり仙台でしか食べられない牛タンを食べて帰ろうと。


「利休」や「伊達の牛タン」と言った有名店は東京にも進出しているし、地元の方に人気だという「司」とも迷ったのですがチョイスしたのは……




青葉亭です。仙台で3店舗展開していて、牛タンストリートでは無くて駅ビルの地下で営業している比較的リーズナブルなお店。




カウンターとテーブル席があって、一人客である僕は焼き台(?)の前あたりのカウンター席に案内されました。


オーダーはセレクトメニューで牛タン焼きとタンシチューをセットで。


目の前の網の上で牛タンが焼かれてやがて配膳されました。




セレクトメニュー(牛タン焼き&タンシチュー)1620円です。




1食めがここだとちょっと少ないかな。と思う量かも知れませんが、連食だと必要十分な量です。




牛タンはスゴく柔らかいとまではいきませんが、ある程度の噛みごたえがあるのもまた良しかな。山葵で食べるのがサッパリしてナイスです。




タンシチュー。牛タンは柔らかく煮込まれてあてシチューにはコクもあって旨い。




付け合わせはテールスープ。この価格でテールスープまで付いているのが嬉しい。


前述の通りそこまでボリュームがあるワケでは無いので、パクパク食べてご馳走さまでした。と。


二郎、ずんだシェイク、かき揚げそば、牛タン、タンシチューを食べてもうこれ以上食べられないな。といった具合で重くなったお腹を抱えて満足した僕は、再び仙台駅在来線の改札をくぐったのでした。



なーしーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ