うまからタンメンきすけ(栃木県小山市) | 主にラーメン二郎の記録

主にラーメン二郎の記録

主にラーメン二郎、二郎亜流店、二郎インスパイア店で食べたラーメンの事を書いていくつもりです。


テーマ:
うまからタンメンきすけに行きました。


平日のお昼のことです。




お店は栃木県小山市にあって、最寄り駅はJR小山駅になると思うのですが、車じゃないと行きづらい場所にあります。




何となく店名と紹介文から想像つくと思いますが、蒙古タンメン中本のインスパイア店です。


ラーメン二郎のインスパイア店はそれこそ掃いて捨てるほどあって、すでに淘汰が進んでいると想像しますが、中本インスパイアはまだ中本の無い地域ならば、その地元の激辛ファンに需要が結構あるのではないかな。と思ったりするのですがどうなんでしょうか。


このお店も2017年にオープンしたみたいなので、まだまだ認知度が低いのかも知れません。


僕はたまたまネットで見つけました。 




店内は4割くらいの客入りで、空いていた入り口近くのカウンター席に座りました。


氷とレモンが入ったポットがカウンター上部に置いてあったので、それをセルフで注ぎます。



壁に貼り出されているメニュー表。うん。意味不明です(後からマンガ「キングダム」のキャラクター名だと知りました。多分)。




難解なメニュー名に対して説明書きがあったので熟読。


辛さ3の看板メニューっぽい李信を麺大盛で注文しました。


厨房の中には年齢が若そうに見える男性店主さんが1人。接客態度が良くて好感が持てます。


麺がテボで茹でられている間に野菜が鍋で炒められてそこにスープが注がれて…という「都度調理」でラーメンが作られて行きます。


そして丼に麺が上げられて、その上から野菜とスープをかけてネギを散らして完成。


僕のラーメンが配膳されました。





李信¥900+麺大盛¥100です。


中本のメニューで言うと「五目味噌タンメン」通称ゴモミのインスパイアメニューです。




スープは濃厚な味噌味でピリ辛ですが、甘さも少し感じます。ダシも弱くなくて好きな味。ネギも良い仕事をしています。




野菜はモヤシメインでシャキシャキ寄り。なかなかのボリュームがあってヨシヨシ。


シンプルな茹で玉子は別に無くても良いと思ったり。




天地返しをすると縮れた太麺が顔を出しました。




モチッとした食感でスープとのバランスも良さげ。


ただ、大盛にしても麺量は多くなくて……体感200グラムくらいかな。


野菜炒めとピリ辛味噌スープの鍋料理を食べているような感じが否めないですが、個人的には結構気に入りました。


¥1000はちょっとお高めですが、概ね満足してご馳走さまでした。と。


辛さレベル3は余裕だったので、近いうちに辛さレベル10の王騎を食べにこようと心に決めてお店を出ました。




その1~2週間後。再び小山にやってきました。


店頭のスゴく停めづらい所に2台分の駐車スペースがあります。


流石に2台分じゃ足りないような気がするのですが、そのうちどこか近くに駐車場を借りるのかしら。




たまたま前回と同じ席になりました。前回からの連食です。と言っても分からなさそうな雰囲気。


今回のオーダーは辛さレベル10の王騎です。


午後の仕事に差し障りがあったらどうしようかな。もう遅いけど。


後方上部にTVがあって、ついつい振り返りつつ眺めていたらラーメンが完成していました。


どんなオペレーションだったか全く見ていませんでした。あらあら。




王騎¥900+麺大盛¥100です。




茹でモヤシが山盛りのビジュアルはとても馴染みがあります。


モヤシの山のサイドには茹でキャベツとネギ、茹で玉子がそれぞれ配置されていて。




スープは辛さレベル3の李信よりは格段に辛いですが、北極ラーメンほどの激辛さではなくて、その1歩手前みたいなイメージです。


ニンニクは効いてますが油もそこまで強く無いし、飲みやすいスープだと思います。




李信には肉が入っていたか微妙に忘れてしまいましたが、王騎にはこのようにちゃんと。


そんなに存在感があるものではありませんが、肉が入っていればやっぱり嬉しい。単純なんです。はい。




ほぼ味がしないモヤシをスープに沈めて麺を食べやすくする天地返しを行いました。




麺を持ち上げるとそこそこ唐辛子が麺に付いてくるので、ある程度の辛さはありますが、ヒーヒー言うほどではありません。辛旨がちょうど良い感じかしら。


今回も麺大盛にしましたが、それでも野菜の存在感の方が勝っている印象でヘルシーに完食となりました。




会計を済ますと店主さんが冷凍庫からピノ的なアイスを1つ取り出して来て笑顔でくれました。


お、何か少し嬉しいぞ。などと思いつつ、アイスを早速「ポイ」と口に投げ入れて、午後からの仕事に向かったのでした。


次回は辛さレベル15のホーケン(漢字出ず)というつけ麺があるので、ソレを食べようかとも思いますが、流石にその後の仕事に差し障りが出るではなかろうか。なんて思っていたりするのです。はい。






なーしーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス