実は、先週、韓国でレーシック手術を受けました!

まだ、眼が乾燥するために視界がぼやけたり、眼が疲れたりしますが、視力はま~かなりもう出てると思います^^;

実は1ヶ月前に日本に一時帰国したときに、日本でレーシックをするつもりだったんですが、従来のフラップを作る手術方法にどうも不安を感じ、手術の日まで決まっていたのに、当日キャンセル(汗)

最近登場した切開の少ないスマイルという手術方法を新聞で手術の数日前に知ってしまってから、その手術方法でしたくなったのですが、関西ではまだあんまりそれをしてるところが少ない&費用が高いので、諦めていたのですが・・・。

韓国に帰ってきて、たまたまカンナムのあるとある有名なレーシックの眼科のことを知り、そこでスマイル手術が、いまなら割引価格も適用されて、日本よりも安い値段で出来ると知り、早速とりあえず検査へ。

検査して思ったことは、韓国でのレーシック眼科のほうが、日本の眼科より検査項目も多いし、色々調べてくれるので、自分の眼が健康かどうかとか、しっかり理解したうえで手術に望めた、ということです。

角膜の厚さや、角膜の形、角膜だか網膜の細胞数、ドライアイの検査、緑内障発見のための視野検査、レーシックをしたら失明するかもしれない病気を持ってないかの遺伝子検査まで・・・。

視力の検査も3回ぐらい行ってくれて、正確を期する姿勢がうかがえましたし、あなたの角膜はこれぐらいの厚さだから、削ったらこれぐらいになって、もし再手術となっても手術も可能ですとか丁寧な説明してくれるし・・・。

日本でもレーシック前の事前検査はしたのですが、元々ドライアイでコンタクトも出来ない私が、「ドライアイがあるんだけど、レーシックしても大丈夫ですか?」って聞いても、「別にそんなにドライアイ酷くないですよ」って検査もせずにその一言で済まされ、不満を抱いていたのですが、韓国ではきちんとドライアイの検査もしてくれて、やはりドライアイがある場合は、切開の少ないスマイル手術がよいと言われました。

普通の手術よりスマイルは高い値段だったので、執刀医も病院の院長さんがしてくださり、手術中もいま何をしてるとか、もうすぐ終るとか終始声をかけてくれたので、あんまり不安を感じることなく手術も出来ました。

正直検査を受けるまで、韓国って「ケンチャナヨ~」精神の国なので、不安だったんですが、検査を受けたら、日本以上に進んでて精密で?(?がつくのは、私は日本で普通の眼科しかも1箇所でしかレーシックの事前検査を受けてないので、レーシックの専門医院だったら、もっと精密な検査を日本でもしてくれるのかもしれないので^^;)日本でレーシックをしようとしたときより安心して手術も受けれました。

これだけ色々調べたんだから、とりあえず手術して失敗とかはないだろうって思えたいうんですか?


日本でもレーシックで失敗とか話を聞きますが、それは本来レーシックしてはいけない眼なのにした場合とか、あるいは医師の技能がイマイチだったりいろいろ原因はあるんでしょうが、

検査も徹底してたし、一番切開の少ない最新のこれまでのレーシックの副作用を軽減したと言われてる手術法を選択したし、かつ医師もその病院では一番執刀件数の多い医師にお願いしたので、そいいう面での不安は今回あまりありませんでした。


まだ術後1週間しか経ってないので、眼が乾燥して疲れる、疲れるので眼がぼやけて見える、そのために頭が痛かったり首が凝る、光をやや眩しく感じる、夜の光がぼやけて見えるなどの症状はありますが、それはやはり手術なんですし、眼にメス入れたわけですし、回復までには時間が掛かりそうです・・・。

あえて不満があるとしたら、術後のこうした症状をきちんと事前に教えて欲しかったのと、スマイルは通常のレーシックよりも回復に?視力が出るのに?時間が掛かるってことをきちんと説明しておいて欲しかったですね。そういう説明は残念ながらありませんでしたので・・・。


まさか自分が韓国でレーシックをするとは正直夢にも思ってませんでしたが、費用の面や医者の技術的な面でも、韓国のきちんとした病院でするのも、選択肢のひとつかもしれません。

きちんとした病院と書いたのは、私の日本人の知り合いの韓国人のチングが、安いところでレーシックとして、いまだに眼が痛いとか言ってるらしいんです。

手術の前日にチングからその話を聞いて、ちょっと手術するの辞めたくなりましたけど、私のしたスマイル手術は切開部分も少ないからか?術中も術後も麻酔が切れてるのかどうかも分からないぐらい、眼が乾燥するな~ていう症状以外は、痛みは全くなかったです。

元々私は痛みに強いほうでも鈍感なほうでもないのに、痛みをほとんど感じなかったので、その点はこの手術の良い点だと思います。

切開が少ないので、ドライアイにはなりづらいという点は、正直私はもともとドライアイが酷くてコンタクトできないほどの人なので、眼の乾燥は感じますが、多分フラップ作る手術だったらもっと眼が乾燥したかもなので、やはりスマイルにしておいてよかったのか?と言う感じです。

術後もフラップ作る従来の手術した人は痛いからなのか?涙が止まらないとかいって、看護師さんに「これ、正常なんですか?」って不安になって聞いてましたからね~。

やっぱ出来ることなら切開が少ないに越したことはないですよね。どんな手術でも^^;


ちなみに、これを読んだみなさんは、費用が気になってるかも?ですが

私のしたスマイル手術は、本来350万wが今なら割引で265万wで、今のレートで23万円ぐらいで済みました。(ただし今回の割割引は6月末まで)

日本だと35万円ぐらいするのが相場なので、10万円ぐらい得した感じです?

日本ではないような、術後の全身マッサージのサービスなどもついてきたりして(ただし高い手術に限る 笑)、ある意味

日本より至れり尽くせりです(笑)


私がした病院はアジアで確かレーシックの認定病院として一番みたいに宣伝してたましたので。

韓国の病院を、今さらながらではありますが、見直しましたw

ちなみに、日本人のチングにレーシックした後に乾燥で眼がぼやける~とかぼやいてたら、

彼女の知り合いは日本でレーシック手術に失敗し再手術したらしく、なんでも角膜を角度?なのか間違って削ったのか?マークシートしたら全てずれてたとか言ってて、

いや~本当、日本でも韓国でも、ちゃんとした病院で、確かな技術を持った医師に手術をお願いするのが一番大切かも?って改めて思った次第です(汗)

角度間違って削られたり、術後もずっと痛かったりという話を聞いて、

安さを優先するのだけは、本当にやめたほうがよいのでは?

と思いました・・・。


私の手術をしてくれた先生は、手術後に息子の手術の付き添いで来ていた韓国人のアジュンマと話した限りでは、手術件数がこの病院では一番多くて、論文も一番沢山書いてる人との情報を息子から聞いたとのことで、息子さんははわざわざネットでどの医者に手術してもらうか論文とか調べて決めて、わざわざ彼女を指名したとか言ってて、私はそんなこと調べてもないけど、院長さんがしてくれるっていうから「あーそう?そりゃ安心」程度に思っていたのが、実は一番良い人に執刀してもらったということを、手術後後に知った次第です。

やっぱし同じ機械を使うにしても、使用する人の技量ってやっぱありますしね・・・。

それに、日本は制度がどうなってるんだか知らないのですが、韓国ではこの最近のスマイル手術は、1万件以上の手術の経験がある医師?または病院?でしか行えないので、韓国でも4箇所でしかこの手術を受けられないって聞きました。

まー術後のこととか考えたら、なかなか日本でお住まいの方が韓国でレーシックとか受けるのは勇気がいるかも?ですが、韓国在住ならば、わざわざ日本に帰って受けるより、こちらでうけちゃったほうが良くない?と思った、レーシック体験でした^^;