意外と知らない構造という基本的なところ | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会

 

解体中の現場です。

小屋裏(天井裏)にコンパネが貼ってあります。

 

 

反対側にも、垂木と束と梁を挟んで合板が貼ってあります。

「何かな?」

 

剥がして改めて見てなんとなくわかりました。

大きな丸太の梁が両側から角材の梁にかかっていますが、

真下に柱がないので後からその下に大きな梁を入れて補強

しています。

細い梁では丸太の荷重に耐えきれずに下がってきたのだと

思います。

そしてさらに合板で面を造って補強をしたようです。

変更があったのか、組み方を間違えたのかそのあたりは

わかりませんが、丸太の下に柱を建ててもう少し大きめの

角材の梁で受ければ問題なかったと思います。

 

古民家から比較的新しい家などいろんな家をリフォームする

機会があります。

すごく参考になる組み方やかなり技術がないと組めない組み

方もあれば間違えたかなといった組み方もあります。

この家はそれなりに対処してあって良かったですが「よくこの

ままで仕事を進めたな」といったこともあります。

 

リフォームは解体してみないとわからない部分があります。

構造に関しては修正するのに仕事が大掛かりになることも

あります。

構造の部分はほとんどの大工さんならわかると思いますが、

普段プレカットばかりで仕事をしていると気が付かないことが

あるかもしれません。

また現場監督や設計にしてもプレカットの場合は構造はお任せ

ですから、注意が行き届かないかもしれません。

構造という基本的な部分はリフォームに関しては最低限の知識

と経験は必要です。