古民家のリフォーム | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会

古民家のリフォームですが、もうすぐ完成です。

足場が外れて外観がはっきり確認できるようになりました。

足場があってももちろんわかるのですが、養生シートがあると

わかりにくいもので日差しが当たるとどのように見えるかはず

してみないとわからない部分もあります。

特に室内は暗く感じます。

リビングの吹抜けですが、内装工事が始まっています。

石膏ボードの壁は殺風景ですが、仕上げでずいぶんと

変わります。

 

この家は伝統工法だったので限界耐力計算で耐震補強

をしています。

古民家は普通、簡易耐震診断してもらうと評点と言って

その家が持っている地震に対する抵抗力はずいぶん低く

評価されることが多いです。

評価の仕方が現行法の在来で判断するので壁が少ない

昔の家は低くなります。

評点が低いということは地震が来た時に倒壊する可能性

が高くなるのですが、不思議と地震が来ても残っている家

はあります。

築年数から判断しても何度か大きな地震に遭遇している

はずの家が残っていることがあります。

 

古民家は地震に弱いイメージがありますが、意外に強いと

いう人もいます。

ある伝統的な建物を研究している人の書籍によると阪神の

震災時にたくさん倒壊したのはいわゆる古民家、伝統工法

の家ではなく在来工法の家がほとんどだということです。

というのは、大戦の空襲で焼け野原になったところなので

伝統工法の家は空襲でなくなっていて、その後基準法ができ

てから作られた家であって倒壊したのは在来工法の家だと

いうことです。

まだ施工基準が明確ではなかったからかもしれません。

その後の新潟地震は阪神の地震よりもエネルギーはずっと

大きかったらしいですが、幸いにも全壊家屋は大変少なく済

んでいます。

原因はいろいろあるでしょうが、この地域は伝統的な家が

まだたくさん残っていて雪国ゆえに構造材が比較的大きかっ

たのが原因ではないかとも言われます。

古民家のリフォームというと耐震を気にする人が多いです。

補強をしておくに越したことはありませんが、生半可に手を

加えてバランスを崩すと却ってよくないのかもしれません。

在来工法でも同じですが、重心と剛心は気を付けて補強して

もらいましょう。

2階建ての場合は直下率も大事です。