銅の樋と谷の板金 | 奈良県古民家再生協会ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会

瓦屋根によくある谷と言われる部分です。

屋根を入母屋形式にしたり、家をカギ型にするとこの

ようなところができます。

和風のどっしりとした家が多い奈良県ではほとんどの

家にこの谷と言われるところがあります。

 

両側の屋根から水が流れ落ちるので傷みやすいところ

です。

このような家には樋も銅の樋が使われていて谷の部分

にも銅が使われています。

昔は銅の樋は「一生もの」と言われましたが、酸性雨の

影響で雨がよく落ちる部分に穴が開いてしまいます。

この谷の部分も同じです。

どうやら一度メンテしてもらったようでコーキング処理が

されていますが、やはり小さな穴が開いているようです。

 

いったん谷の周囲の屋根と熨斗の部分をはがしてこの

上からステンレスの板金で覆うしかなさそうです。

樋もところどころに穴が開いてしまっていましたが、立派

な「アンコー」と言われる上合や竹節の竪樋がたくさん使

われています。

先代の人が建てた家のようですが、相当頑張って建てら

れたのでしょう。

同じ仕様で架け替えるとなると相当な費用が掛かりそうです。

 

いいものを残すというのはいいことですが、これをメンテして

いくにはそれなりの覚悟がいりそうです。