雨落ちもいいかも | 奈良県古民家再生協会ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会

今、外壁の塗装のやり替えと屋根の塗装の工事

をしている現場です。

塗装の方は問題ないのですが、こちらの家は山の

すぐそばにあるので落ち葉が樋に詰まります。

施工時には樋屋さんがよく使う網目状になった筒状

の落ち葉除けを付けさせてもらいましたが、それで

は防げなかったようです。

樋が大きいので樋の立ち上がりや軒先の唐草の下

に落ち葉が溜まります。

 

あまり落ち葉が多いところなら樋はないほうがいいの

かもしれません。

昔、山の中の山荘では樋は設けませんでした。

その代わりに雨落ちの部分にU字溝を設けて砕石など

で埋めておくといった施工が必要になります。

 

色々探してみると軒先から樋の上にかけてネットで覆っ

てしまう金物が見つかりました。

樋の種類によっては取付が難しいですが、何とかなり

そうです。

とにかく、樋の中にさえ入らなければ乾燥時した時に

風で飛んでくれるでしょう。