土台に柿渋 | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会

防腐のために土台に柿渋を塗布しています。

どれくらい効果はあるかわかりませんが、新築

の家はすべて土台の下面(基礎に接する部分)

に柿渋を塗布しています。

色だけ見るとクレオソートのようですが柿渋です。

 

土台の裏側なのに柱のほぞの穴がありますが、

「通しほぞ」と言ってほぞを長くして土台を貫通

するようになっています。

継手も鎌継ぎなどがあって複雑です。

うっかり持つと折れそうですが、そんなことはあり

ません。

こちらの柱は梁を貫通させてからクサビ止めを

するための切り込みが入っています。

こちらも取り扱いに注意の「重ねほぞ」です。

 

来月上棟の予定です。