床下 今と昔 | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会

築40年くらいの家の床下です。

こちらは最近新築させてもらった家の床下です。

 

30年くらい前は家の基礎も布基礎が主流でした。

今のようなべた基礎は少なかったです。

基礎の立ち上がり以外は土のままでした。

そこに束石と言われるコンクリートブロックを置い

て大引を支える束を建てて床を支えていました。

写真は普通の空洞コンクリートブロックが使われ

ています。

見た目は悪いですが、強度上はそれほど大きな

荷重はかからないので問題はありません。

ピアノなどを置かれる場合はだめですが。

また、床下の断熱材も施工されていませんがこれ

も珍しいことではありません。

寒さ対策はできていませんがシロアリの発生は抑

えることができます。

 

写真のような布基礎でコンクリートの束石と木の束

が使われている床はよく床鳴りがしました。

土の上に束石が置かれているので荷重がかかって

地盤が沈むと木の束と束石に隙間ができます。

大引や束がやせても同じことが起きます。

床の上でかかとを浮かせて立ち、かかとを落とすと

「コツン」という音がします。

しかしこれも部屋にたくさんの家財道具が置いてある

と荷重で沈んでいるのでわかりません。

床なりがしなくても床全体が下がっているということも

あります。

床下に潜っていって楔をかませて処置をします。

ほとんどが一度処置すれば納まってくれます。

その点今の家は土間はコンクリートですし、束は鋼製

ですから収縮も沈下もありません。

仮に床なりがしても鋼製束を締めなおせば止まります。

 

また現代の家はほとんどがべた基礎を採用しています。

布基礎に比べればいかにも頑丈で、敷地全体に荷重が

分散するのである程度不安定な地盤でも対応してくれます。

何より土間コンのおかげで地盤の湿気が上がってきません。

しかし、べた基礎ではないからと言って強度の問題がある

わけではありません。

また、土間が土であってもよく乾燥していれば構造躯体に

影響はありません。

乾燥には家の中の地盤が周囲の地盤よりも高くなっている

ことは必要です。