リフォーム工事が終わってみて | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会

我が家のリフォームですが、やっと美装工事と

なりました。

養生をはがしてようやく全体が見えてきました。

色々とやってみたいことはありましたが、そうなん

でもできるものではありません。

こちらは玄関ホールの天井ですが、欲を言えば

格天井でもとも思います。

スノコ上のスキップフロアーです。

1階のリビングに光を落とすために造ったのです。

その分家の中の空間が広くなり、暖房費はかさみ

そうですが、サッシと外張りの断熱、床下の吹き付け

による断熱施工でどれくらい効果があるかが楽しみ

です。

暖房は基本この薪ストーブです。

前に使っていたストーブですが、煙突は新しく

なってます。

構造上、壁を隔てることになり煙突が複雑に

なっています。

基本、煙突はまっすぐ上に伸ばすのが一番燃焼

効率がいいです。

いろんな焼き物の町を捜し歩いて決めた手洗い鉢です。

鳳凰と麒麟が描かれています。

カウンターが部分的に映っていますが、漆職人さんに

仕上げてもらったカウンターです。

葺き漆仕上になっていてケヤキの板を使ったので木目

がきれいに出ています。

洗面所にもそのカウンターがあるのですが、そちらは

黒漆です。

普通の人が聞くとびっくりするような施工費がかかって

います。

しかし好きな人なら、本当の漆を知っている人なら納得

できると思います。

木製建具です。

今までたくさんの木製建具を造ってきましたが、そろそろ

デザインも一新しなければならない時期です。

試しにいろんなデザインの建具が吊り込まれています。

11月には見学会を予定しています。

面白そうと思った方は見に来てください。