古材もいろいろ | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会

リフォームですが、朱色をした柱が建っています。

しかも、ほぞ穴などが残っていて傷もあります。

こちらも同じように朱色をしています。

階段の段板を使ってテーブルにする予定です。

 

この材料、実は施主さんが福井県の方で自分が昔

住んでいた家を解体することになり、思い出にという

ことで解体して残った材料を当社に運んできたものです。

リフォームにぜひ使ってほしいということでどのように

使いまわしをするかいろいろ検討しました。

この朱色をしているのは漆のようで、かなり年数が経

っているので色が落ちています。

解体の現場から運んでこられたので、かなり汚れていた

ものを高圧洗浄して使っています。

あまり洗浄すると色が落ちてしまいます。

 

ほかにも床材や床の間の地板、框、ベンチにする梁材

などがあります。

滋賀県や北陸の方に行くと確かにこのような色をした

古民家が所々に残っています。

奈良県では見ないですね。

室内にだけ使うのですが、うまく組合さないと特殊な色だけ

に仕上がりが心配です。