その時代の流行 | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会

古民家のリフォームです。

壁に石膏ボードの下地を作っています。

あらかた石膏ボードが貼られました。

今ではどこの現場に行ってもこの石膏ボードが

使われています。

仕上をクロスにしてもいいし、漆喰や珪藻土を

塗ってもかまいません。

20年くらい前では塗り壁の下地と言えばラスボード

が使われていました。

表面に細かいくぼみのついた薄い石膏ボードです。

モルタルで下地をしてから仕上げの聚楽などを施工

しました。

今では薄く仕上げることできる材料がたくさん作られて

このラスボードはあまり見なくなりました。

 

本当なら、この石膏ボードも使わすに既存の土壁に

下地をして塗り壁で仕上げた方がいいのかもしれません。

それが元々の作り方です。

しかし、石膏ボードで隠してしまいたい部分もあり、下地

から左官で仕上げてくるとかえって施工費がかさむこと

もあり、このボードを使っています。

仕上は漆喰になるので一昔前の新建材で覆われた

リフォームとは違うのですが、施工手順としては一昔

前と変わらないです。

もし仮にまたリフォームすることがあれば左官の仕上げ

を塗り替えることになるでしょうか。

それともまた、下地から施工しなおすようなリフォーム

になっているかもしれません。

いつの時代もその時の流行で施工されます。

新建材を覆ってしまった一昔前のリフォームもその時は

それが一番良かったからです。