伝統工法の継手 | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会

今、見積もりをしている図面に書かれている特記事項です。

「可能な限り伝統工法によるもの」と書かれているように

現代の家ではあまり使われない仕口や継ぎ手が指定され

ています。

構造も筋違や合板ではなく、貫と言って柱間に水平の部材

を通すことで耐震性を取る工法です。

特記の中の「台持ち継」とはこのような継ぎ方です。

これは一般的な木造軸組みでも使われる継ぎ方です。

上下にボルトを貫通して固定することが多いです。

上棟後、よく目ればこのような継ぎ方をしてあるのが見受

けられます。

 

難しいのが「雇い竿シャチ栓継」と言われる継ぎ方です。

組み立てるとこのような感じです。

太い梁の中に突起をつけたような細い木が組み込まれて

いますが、これを反対側にも貫通させてクサビで固定する

継ぎ方です。

 

そして「渡りあご」。

交差する梁をお互い少しづつ欠き込んで被せるように

する仕口です。

梁の上に渡すから「渡りあご」というのかもしれません。

 

大工さんの加工は手間がかかりますが、昔はもちろん今も

構造にこだわりのある工務店では採用している造り方です。

個人的にもこの加工を楽しみにしています。