頑張る木こり | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会

 

皆さんもご存知の「木こりの話」

ひとりの木こりが仕事をもらいに材木屋さんに行き木を

切り倒す仕事を引き受けます。

親方からもらった斧を使って木を伐り続けますが、頑張

ってもだんだん切り倒す量が減ってきます。

「これでも一生懸命やっているんですが」

と親方に言ったところ

「この斧を研いだのはいつだ」と言われる話です。

 

写真のように大工さんにとっても道具の手入れは大事です。

しかし、普通の仕事をしている人にとって「斧を研ぐ」

のはどういうことか。

体の調子が悪ければ能率は下がります。

体力的にも年齢を重ねるごとに落ちていきます。

体は運動を習慣にすることで衰えの速度を緩めることができます。

では頭の方はどうかというと、こちらも何らかの方法で鍛えることが

必要です。

社会人にとって、今の仕事を続けていくうえで足りない部分を補う、

転職を考えているのならそれに備えて学ぶといったことが必要です。

仕事や人生の自由度を上げたければできる限り広い範囲のことに

興味や関心を持つことが必要です。

これはいろんなことに応用が利きます。

しかし、範囲を狭めて自分の能力を高め、一芸に秀でるというのも

その人の生き方です。

選択肢は多いほうがいいですが、迷ってしまっては目的にたどり着

けません。