古民家のリフォーム | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会

古民家のリフォームで床の施工をしています。

もともと古民家には床下に断熱材などは入っていません。

床下も部屋も風通しを重視して作っています。

風通し、通気がいいために構造材がいい環境に置かれる

ことで長持ちしているとも言えます。

しかし、古民家特有の暗くて寒いを解決するには断熱の

施工も必要です。

断熱施工すれば温度環境はよくなりますが、通気自体は

悪くなります。

今まで空気に触れていたところが断熱材で覆われることに

なります。

これは構造材にとってはデメリットです。

また、古民家には金物はほとんど使われていません。

しかし、現代の家づくりに変えると金物を多用することになります。

可能な限り、仕口や継ぎ手を工夫して金物を使わないようにして

も耐震補強となれば何らかの金物が必要になります。

金物は丈夫で確実なようで、木とは相性がよくありません。

結露を起こす可能性も増えますし、錆びることもあります。

どのあたりで折り合いをつけて古民家の良さを残しながら改修する

かを考えなければなりません。