刻みと鎮め物 | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会

土台と柱の刻みが終わって、梁の刻みをしています。

梁の仕口や柱のほぞ穴が重なると梁材も欠損が大きく

なりますが、梁成があれば大丈夫です。

 

木造軸組みの家でも接合部は金物で対応している家も

あります。

メタルジョイント工法と言われますが、メタルジョイントは

木材の断面欠損が少ないというメリットがあります。

梁同志の接続も鉄板を差し込んで外から鉄製のピンを

打ち込むことで固定できます。

また柱のほぞも鉄のパイプです。

鉄製のピンを打ち込むだけでかなりしっかりと接続できます。

メリットが多いように感じますが、本来木と金属は相性がよく

ありません。

金属類は結露の原因になります。

長持ちしている昔の家にはそんな金物は使われていません。

現代の家づくりはそんな長寿命の家は要求されていないのか

もしれませんが、湿気に弱い構造用集成材と金物の併用は

造ったときは頑丈ですが、劣化は早いと思います。

住宅産業はいくら減少傾向にあっても国内においては最大

の市場です。

だからと言って建てては壊すということはいつまでも続けられ

ません。

少しでも長持ちするような工夫が必要です。

 

現場では基礎工事の配筋作業が終わりました。

地鎮祭の時に神主さんから預かった鎮め物を基礎の下に

納めさせてもらいました。