窓の取り換え | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会

古民家のリフォームですが、寒さ対策としては窓を

断熱性能の高いサッシに取り換えるか、内側にもう

一枚取り付けるか(インナーサッシ)が効果的です。

土壁自体は断熱性能はあまりよくないですが、窓に

比べれば断熱性はある方です。

こちらの家は奈良県ですが、同じ奈良県でもかなり

寒い地域です。

冬に、窓に結露した水分が凍り付いて窓が開かなく

なることもあるといいます。

そんな場合でも、断熱サッシに取り換えたり、内窓を

つけたりすればそのような問題は解決できます。

断熱サッシと言っても絶対に結露しないわけではない

ですが、水分が流れ落ちるようなことはありません。

ただ、古民家と言われるような古い家では外観的にアルミ

(樹脂)サッシはあまりに合いません。

できれば木製建具にしたいところです。

そこは外観や質感を重視するか、機能性を重視するかです。

木製建具もできるだけ気密性がよくなるような枠組や内障子

をつけるといった工夫である程度は対処できます。