断熱施工 | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

1階の天井部分の断熱施工です。

1階部分に下屋があると隙間なく断熱材を入れるには

単純に天井の面に断熱材を敷きこんでも天井と2階の壁の間

に隙間ができることがあります。

2階の壁から断熱材をたれ下げて1階の天井に重ねるように

敷きこまないといけません。

確実に家を囲むには屋根の面に入れておけば1階の壁と2階

の壁に連続していれることができます。

こちらは2階の天井です。

ここは断熱材が途切れるようなものはないのでこれでいいです。

もちろん2階でも屋根の面に入れることはできます。

 

屋根の面に断熱材を入れる場合、ガルバリウムのように熱伝導率

がいい屋根材では屋根の野地板と断熱材の間で結露を起こすこと

があります。

ガルバの場合は屋根で通気層を設けた方がいいです。

 

隙間なく断熱材を入れるという点では吹き付けタイプの断熱施工が

優れていますが、リフォームのように部分的に施工するには不向き

だと思います。

 

より断熱性能を重視する場合は、断熱材の種類を選べば性能の

いい断熱材はたくさんあります。

 

こちらは今日「ミナーラ」というところで当社の設計が子供さんを対象

に行った家づくり設計講習です。

方眼紙の上に部屋や家具を置いていくことで家の設計ができる

ように準備をしていきました。

家づくりに興味を持ってくれる子供さんが増えればいいですね。

 

 

中西 直己さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ