階段の段板を造る | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

階段の廻り部分になる段板を造っています。

直線部分は一枚の板をそのまま使うことができますが、

廻り階段になると3角形の大きな段板が必要になります。

そんな大きな板は取れないので普通の段板を継ぎ足して

一枚の大きな板を造ります。

継ぎ目の部分にこんな加工をしています。

一枚の板は反ったり捩れたりします。

そんな時継ぎ目に段差などができないように楕円形の

薄い木片を継ぎ目に差し込んで板を継ぎ合わせます。

両方の板に溝を掘ってつなぎ合わせます。

 

こちらが完成品です。

板を3枚継ぎ合わせています。

これが廻り階段の廻り部分になります。

中西 直己さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ