家の模型 | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

今度新築を予定させてもらっている家の模型ができました。

100分の1の縮尺で造ってありますが、50分の1で造ることも

あります。

これは当社の設計の子が造っています。

片流れの大屋根が載っってますが、やや古風な感じの家です。

外壁は鎧張りになっています。

鎧の面が大きいのでこれは手間がかかりそうです。

軒の出もやや大きくとっています。1m20cmほどにしています。

 

こちらの家は、いろんなめぐりあわせで施工させてもらうことに

なりました。

最初は娘さんのお父様から問い合わせがありました。

この方は東北の方で地元で材木店を経営されています。

それだけに木にこだわった家に住んでほしかったらしく、当社を

探してこられました。

また、お付き合いしている設計の先生がおられて、その先生に

当社の社員二人が講義を受けていたものですから、そこからこ

の先生の設計で当社が施工させてもらうことになりました。

 

この家は普通の構造計算(壁量計算)ではなく、限界耐力計算と

いう特殊な計算方法でもって構造計算をしてもらいます。

設計の先生のこだわりがあって、揺れはするがいきなり倒壊する

ことがない古民家のような構造です。

筋交いはあまり使わず、横架材や貫で構造を組むことになると思

います。

どんな構造の家になるか楽しみです。

 

 

中西 直己さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ