ドイツの木質系断熱材 | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

ドイツ製の木質系の断熱材を使ったモデルハウスに来ています。

ボード上の断熱材と繊維系の断熱材が使われています。

日本の石油を使った断熱材と違って自然素材というところがいか

にもドイツ製です。

省エネ基準の義務化が見送られてほっとしている会社もあるかと

思いますが、これからの家づくりには断熱性能は重視されていく

傾向にあります。

この断熱材のいいところは自然素材で作られている以外に防音性

や耐火性に優れているという点もありますが、熱が室内側に達する

までの時間が長いという特徴があります。

たんに熱貫流率では表せない性能です。

mた、外張りに使うことで直接断熱材に左官と塗装の仕上げができる

というメリットもあります。

数年前に当社も「テルモハンフ」というドイツの断熱材を使って家を造

らせてもらったことがあります。

同じように木質繊維で造られた断熱材でした。

施主様がドイツで生活しておられてそこでお知りになったようでその方

の希望で使いました。

しかし、あまり普及しなかったようでその商社もその後取り扱いをやめ

たようです。

今回のこの断熱材は関東以北では使われている例がすでにあるらしく

関西地方にも普及してくるかもしれません。

写真のようにZEHの基準にすると壁の中に充填した上に外張りの施工

も必要なようです。

少々手間と材料費がかかりそうですが、どうでしょうか。

外張りの断熱材は土壁の家にはいいと思います。

今リフォームで採用を検討しています。

中西 直己さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ