大工工事完了検査 | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

リフォームするとき、どこまでリフォームするかで

費用も仕上がりも変わります。

住宅設備以外に床、壁、天井、サッシ、外壁、屋根

など手を加えたい箇所は住む人それぞれです。

床は今の床がきれいでしっかりしていれば、特に触る

必要はありません。

単に断熱だけしたいときは、床下に人が入るだけの

空間があればそのまま床下から断熱の施工もできます。

しかし、床がフワフワするとか、床下が湿気ている、また

かなり傷んできている時はやり替えることになります。

今ある床板や根太を撤去すれば床下の状態も確認でき

ますし、断熱施工もできます。

壁や天井も同じです。

壁の場合は外から断熱する方法もありますが、工事は

大掛かりです。

また、土壁の場合は土壁の特性もできれば生かしたい

のでできればそのままにしておきたいです。

土壁でもある程度の耐力壁としてみることができます。

また、調湿や蓄熱という機能もあります。

天井は仕上げを変えたくなければ、平屋建てなら屋根裏

に入って断熱施工ができます。

開口部はやはりサッシを取り換えることが多いです。

昔の1枚ガラスのサッシに比べれば今のサッシの断熱性は

かなり良くなっています。

あまり費用をかけたくなければ、内窓をつける方法もあります。

昨日、大工工事完了の検査を行いました。

マニュアルに基づいて検査しています。

 

 

中西 直己さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ