入母屋の屋根 | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

和風の家によくある入母屋という形の屋根です。

大屋根の東西などにもよく使われます。

寄棟造りの屋根に切り妻造りをかぶせたような

形の屋根です。

私の家では玄関の上が入母屋になっていて屋根

がやや入り組んでいます。

見るからに水仕舞が悪い形になっています。

 

今回のリフォームで屋根の形を単純にしてその下

に玄関庇をつけることにしました。

数寄屋風のすっきりした玄関です。

 

屋根を解体しているところです。

同じ田舎づくりの家に住んでいる人に入母屋をなくす

といったら「もったいない」と言われました。

入母屋の屋根というのはちょっとしたステータスのよう

です。

実際、日本だけでなく東アジア全域でみられるそうで

格式が高く法隆寺の金堂などにも使われています。

また、見てのとおり構造が複雑で施工に高い技術が

必要になるので瓦屋根の減少にともなって後継不足

になってきているそうです。

 

確かにこの入母屋の屋根はここ奈良においても田舎

の田園地帯では風景になじむ定番のように思います。

 

 

 

中西 直己さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ