見えないところ | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

リフォームの現場で室内側の仕上げを取ったところ

手の込んだ細工がしてありました。

昭和ボルトというボルトを木を欠き込んで取り付けて

あります。

造作材を柱に向かって引きつけるためです。

外側はどうなっているかというと

化粧の腰壁になっていてボルトで引きつけているのは

腰板の上の部分の見切り材です。

外部で日にさらされるので乾燥すれば縮んだり反ったり

します。

そうなっても隙間ができないように細工をしてあったようです。

昔の家は見えないところも手の込んだことがしてあります。

何年もたてばどうなるか分かっていたんですね。

中西 直己さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ