格子の耐力壁 | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

面格子の耐力壁です。

他にも格子の耐力壁はありますが、この耐力壁は

全国古民家再生協会が扱っている耐力壁です。

制震ダンパーと併用して使っています。

格子ですから、筋かいや合板のように固いものではなく、

変形することが前提になっています。

筋かいや合板は揺れに対してがっちりと家を固定してく

れますが、ある一定以上の力がかかると破断してしまい

ます。

昔からある家には筋かいや合板は使われていなくて、

木組みや貫という水平の部材で構成されています。

それゆえに地震等が起きると大きく揺れます。

揺れるけれども倒壊しにくい構造です。

そのような家に対して使うのがこの面格子や制震ダンパー

です。

制震ダンパーは現代の在来の家でも時々使われています。

揺れが起きたときに筋かいや合板にかかる力を軽減してが

破断するのを防ぐことが目的で使われています。

 

中西 直己さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ