増築 | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

2階の一部を増築しています。

屋根を部分的に撤去したところです。

30年前なので瓦は土葺きです。

垂木は米松を使ってあります。

当社では今では米松は使いませんが、20年、30年前

米松はよく使いました。

構造材としての梁や桁はほとんど米松でした。

また、ピーラーと言って米松でも節のない木は外部の

化粧によく使ったものです。

目がまっすぐで細かく、面格子や垂木、化粧梁によく

使ったものです。

増築のために外側に桁をかけたところです。

屋根のこう配に沿って桁は下がります。

桁を下げないようにするには、屋根の棟木からやり変える

必要があります。

部屋の幅が広くなるので本来は棟木の位置が変わるので

すが、工事の量が増えるので軒先をそのまま伸ばすこと

にしました。

張り出したところはやや天井が低くなりますが、生活に

支障はありません。

中西 直己さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス