家づくりの変わりよう | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

壁や天井を解体したところです。

仕上げをとると壁の中の造りがよくわかります。

現代の家は、壁の石膏ボードをはがすとグラスウール

の断熱材が入っていることが多いですが、この家は

土壁です。

30年くらい前では土壁の家は多かったです。

土壁でも筋かいは使っています。

土壁の竹小舞を支えるための貫が横に通されています。

グラスウールなどの断熱材に比べるとかなり手間がか

かります。

柱に貫を通して、竹を編んで、片側づつ土壁を塗って

仕上げます。

ここは2階で仕上げが大壁なので柱に胴縁を打って

石膏ボードを貼っていましたが、1階は土壁に直接左官

仕上げをしています。

土壁だとそれほど断熱性はないので結露はほぼしない

ですし、仮に結露しても土が吸ってしまいます。

また、多少の雨水が進入してもわからないかもしれません。

昔の金物が使われているのがわかります。

あおり止めと言って垂木の上から桁にかけて止める

金物や桁と柱をつなぐT型金物が見えます。

梁と束を止めているカスガイは今も使われますが、

あおりどめやT型金物は今では使われません。

 

今では、構造材はほとんどがプレカット、材料は集成材

接合部も木組みによらず金物接合といった家が増えました。

土壁などはほとんど見かけません。

30年経つと家づくりも変わるものです。

さらに10年経てば、どんな家づくりが主流になっているの

でしょうか。

中西 直己さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス