外壁は何がいい | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

家の外部の仕上げで「何が一番長持ち」するかを調査した

ところ、板が一番長持ちするという人がいます。

単純に木が長持ちするということではなく、腐朽に強い赤身

の部分を使ったり水切りを工夫し、腐っても交換がしやすい

ように造ることが必要です。

それには何より軒の出が長いことが必要かもしれません。

 

家の外壁にはモルタルに吹き付け、モルタルの掻き落とし

もありますが、今ではサイディングが一番多いかもしれません。

また無塗装のサイディングに吹き付けという仕様もあります。

モルタル系はどうしてもクラックが入りやすいです。

サイディングは表面の汚れにくいものもありますが、継ぎ目の

コーキングは劣化が早いです。

サイディングに吹きつけもジョイント部分にクラックが入ります。

また吹き付けは塗装の種類にもよりますが、汚れが付着しや

すいものもありますし、劣化により色が抜けてきます。

それぞれ一長一短です。

いくら板張りにしたくても延焼の規制で板張りにできないこと

もあります。

 

古民家と言われるような古い家は板張りや漆喰が多いです。

今も残っているところを見るとこれが一番長持ちなのかもし

れません。

中西 直己さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス