瓦の再利用 | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

ブロック塀の上に瓦が載りました。

もの塀に乗せる瓦はたくさんの種類があります。

土塀などでは屋根のように棟冠をつけて両側に

勾配をつけるという葺き方もあります。

ブロック塀でも塀の一番上にブロックを横に寝か

せて置き、幅を持たせて屋根状にすることもでき

ます。

こちらはリフォーム前の家に葺いてあった瓦を

再利用しています。

瓦も色々再利用できます。

写真のように地面に区切りをつけるために縦に

埋め込んで並べることもあれば、びっしり重ねて

アプローチ上にすることもできます。

アプローチとして使う場合は、既製品もあるよう

で、それだけよく施工されるのでしょう。

後、モルタルのアプローチに模様をつけるため

に埋め込むということもあります。

長持ちするものですから、工夫してみると使い道

はたくさんあります。

砕いて地面に敷きつめるということもあるようです。

中西 直己さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス