湿式工法と下地 | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

リフォーム工事で間取りが変わったりして、壁を新しく造る時

は当然新しく石膏ボードを貼ります。

しかし、既存の壁をそのまま使ってクロスが貼ってあった壁を

漆喰などの塗り壁に変えるときは、下地になる石膏ボードを

貼り変えるようにしています。

クロスをはがすと石膏ボードの紙も一緒にはがれたりして

下地が不安定になります。

また、漆喰などの塗り壁は水分を含んでいます。

この水分が下地に含まれている灰汁を吸い出すことがあり

ます。

灰汁止めというシーラーを使って抑えることもありますが、

やはり完全ではありません。

これは、既存のクロスを剝さずにクロスの上から新たに下塗

りをしてこの上に上塗りとして漆喰で仕上げる方法です。

下地の石膏ボードをそのまま使うので施工費を抑えることが

できます。

そして漆喰で仕上げることができます。

この場合の漆喰仕上げは質感のみですが、好きな人には採用

しやすい工法です。

しかし、今回施工させていただいた家では巾木や廻り縁を取り

換えたので部分的に下地の石膏ボードがなくなり、下地処理剤

を使ってパテ処理をさせてもらったところ、そこから下地の木の

灰汁が浮き出てきました。

 

今までの経験ではシーラー処理をすれば灰汁は止められたそう

なんですが、構造躯体がツーバイだったのですが、いつまでも

灰汁が止まりませんでした。

塗装をしても同じような状態でした。

そのあとシーラーと乾燥を繰り返すことで何とか止まってくれて

ホッとしています。

やはり、湿式工法の場合は下地は新しくするに越したことは

ありません。

 

中西 直己さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス