絵を描く人 | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

造作収納が出来ました。

収納の裏側です。

このまま置いておくわけではなく、これから壁に移動し

て設置します。

大工さんも造り応えがあったことでしょう。

天井までの高さで幅も3m近くあります。

何を収納するのかというとこちらの施主さんは「絵」を

描くことが仕事です。

リフォーム前の仕事場です。

塗料(絵の具)の棚はこのほかにもあります。

これだけの絵の具を使うものなんですね。

私は絵のことはさっぱりわかりませんが、どういった

感性があるとこのような絵がかけるのでしょうね。

小学校、中学校の時代には「図画・工作」「美術」と

いう授業がありましたが、絵を描くのは苦手でした。

絵の才能というのは天性の才能ですね。

友達にもうまい子はたくさんいましたが、とても真似

のできるものではありませんでした。

まだ、工作は何とかなったのですが。

施主さんの名前を出すとこの世界に詳しい人はご

存知かもしれません。

 

もうすぐ完成ですが、収納しきれるでしょうか。

 

 

中西 直己さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス