数寄屋門 | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

外構工事で数寄屋門を造っています。

刻みが終わって建て方をしているところです。

車が通れるだけの幅と高さを確保しています。

 

門もいろんな造り方があります。

調べるといろんな種類の門があり、どれが正しい

造り方かわからなくなりますが、ある程度は自由

なのかもしれません。

 

こちらの門は、最初の計画では人が通るだけの

小さな数寄屋門だったのですが、車を通したいと

なり、急に大きくなりました。

また扉も左右に引き分ける計画でしたが、両開き

の形に変わりました。

開き方が変わるだけで門の造りも建具も変わります。

建具は引くだけならばそれほど頑丈な扉は必要ない

ですが、開くとなると蝶番で吊ることになるので頑丈な

扉が必要になります。

 

紆余曲折してこの形となりました。

完成が楽しみです。

中西 直己さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス