欅のカウンター | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

リフォームの現場です。

キッチンの対面カウンターに欅の板を使っています。

もとはもっと厚みのある板でした。

私が建材屋さん主宰のカウンター市で買ってきたも

のです。

カウンターの使う板はいろいろありますが、欅の木目

がきれいだったのでその場で購入しました。

 

買ったときは5センチくらいの厚みがあったのですが、

カウンターというのはほとんどそのまま使うことがで

きません。

乾燥に伴って反りが起きるからです。

曲がったままのカウンターは取り付けられないことは

ありませんが、反ったままというわけにはいきません。

平らにしようとすれば両面のはみ出た部分を削るしか

ありません。

削って仕上げると当然薄くなってしまいます。

 

また、カウンターは幅があるので普通の工務店が持っ

ている機械(プレーナー)では通すことができません。

家具を造っている業者さんに頼んで削ってもらいます。

何気なく取り付いていますが、けっこう手間がかかって

います。

そこが新建材と無垢材の違いです。

中西 直己さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス