御引渡し | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

御引渡しの準備です。

当社ではいつも引渡し時にテープカットをしてもらいます。

その後工事用のカギと本カギとの入れ替えで工事用の

カギが使えなくなっていることを認してもらい、お神酒と

洗い米ででお清めをしてから家に入ってもらいます。

その時には梅干しと鏡を持って入ってもらいます。

これはちょっとしたお呪いです。

鏡も丸や四角ではなく八角形です。

 

奥様のネームが彫ってあります。

家においてはおくさまが元気できれいでいることが大事と

いう意味合いがあります。

 

会社によっては、音楽をかけてムードを上げ、感涙しても

らうようにしているところもあるようですが、私はそのような

ことは苦手です。

 

引き渡しは、施主さんはもちろんでしょうが、施工した方も

いろんな思い出がよぎります。

ほとんどの施主さんが一年以上前からの付き合いになります。

あんなこともあった、こんなこともあった といろんなことが思

い出されます。

完成まで一生懸命やっていても行き届かない点もあったこと

でしょう。

どちらにしても最後まで付き合ってもらったことへの感謝と

何より数ある工務店の中から当社を選んでいただいたことへ

のお礼しかありません。

それと何より大事なのが、これから先の長い付き合いへのお

願いです。

家というのは長年暮らしていれば何が起きるかわかりません。

御引渡しはホッとすると同時にこれから先ずっと家のメンテナ

ンスをしていかなければならないという義務感が生まれます。

家というのは高額な投資です。

この家にしてよかったと思っていただくことが励みになります。

中西 直己さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス