丸い窓 | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

丸い窓。

今までに何度かつけたことがあります。

どういうわけかこの丸い窓をつかたがる人がいます。

窓といえば四角いものというイメージがあるのですが、

確かに四角い開口から見る景色と丸い窓から見る景

色は違います。

何となく柔らかく感じます。

そういえば茶室などには開口としてよく使われています。

竹の格子が付いていることが多いです。

 

しかし、丸い窓にはデメリットもあります。

基本的に開閉ができません。

開閉できないというのは防犯上はいいかもしれません。

またつける場所にもよりますが、あまり高い所につけると

外側の掃除ができません。

これは丸窓に限りませんが、外から見て目立つところに

つけてほしいという人もいます。

そして丸いがためにカーテンやブラインドも付けにくいです。

それでこちらの家では内障子で対処しています。

それから四角い窓に比べてやや高価です。

こちらの家は壁を漆喰で仕上げているのですが、この仕上

げが結構大変です。

左官屋さんがいつまでのその窓で作業をしています。

 

それでもこだわりがあれば丸い窓もいいものです。

 

中西 直己さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス