解体してみないとわからないリフォーム | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

大工さんの仕事が終わって木工事の完了検査に来ています。

この現場はリフォームで、軽量鉄骨の家です。

化粧の柱が立っていますが、鉄骨の柱を木の板で包んで

柱のようにしています。

近くで見ても本当の柱のように仕上がっています。

 

リフォーム工事は開けてみないとわからないという不安要素

があります。

床下や天井裏はチェックしますが、どうしても確認できない部分

があります。

今回は軽量鉄骨なので錆などを除いてそれほど心配はしてい

ませんでしたが、木造の場合は築年数が古いと雨漏れや白アリ、

結露による腐食などが心配な時があります。

 

地盤の不動沈下は事前に室内を調査すれば、大体わかりますが

わずかな床の傾き、柱の傾きなどはわからないことがあります。

今回のリフォームもわずかに床のレベルが下がっている部分、

柱もわずかに傾いているところがあったようです。

 

検査ではレーザー(水平や垂直を確認するもの)を使って柱の建ち

や床のレベルを確認して回りました。

大工さんがきれいに修正してくれたようです。

このあたりがリフォームの隠れた不具合で、解体してみないとわか

らない部分です。

今回は構造材の取り換えや補強ということはありませんでしたが、

木造の場合はよく発生します。

リフォームは特に大工さんがどこまでやってくれるかによるところ

が大きいですね。

中西 直己さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス