910モジュールか1000モジュールか | 奈良県古民家再生協会ブログ

奈良県古民家再生協会ブログ

奈良で古民家をお持ちの方、鑑定によるネットへの掲載や耐震・移築・解体に伴う古材の再利用をお考えの方はご相談ください。<奈良県古民家再生協会


テーマ:

家を造る時の基準になるモジュールというものがあります。

おもに柱と柱の間隔を指します。

910モジュール、985モジュール 995モジュール メーター

モジュールといった種類があります。

古民家など古い家では本間といって985や995といった寸法

のモジュールが多いです。

ハウスメーカーさんはメーター1000が多いですね。

当社では基本910モジュール(3尺)が多いです。

メリットとしては910モジュールの建材がたくさん造られている。

石膏ボードや外壁に貼るサイディングなどがそうです。

(もちろんメーターも造られていますが、大きさの割に高価に

なります)

次に構造材、とくに梁などの横架材は4mまでが製材の基準に

なっています。

おそらく山から伐り出すとき運搬しやすいように4mで玉切りす

るためだと思いますが、4mを超えると急に高価になります。

910モジュールがメーターに変わると構造材が急に高くなります。

4mではわずかに届かない構造材が増えるためです。

 

メーターモジュールはデメリットが多いようになりましたが、

出来栄えはやはり違います。

ゆったりしています。

わずか910ミリが1000ミリに変わるだけですが、明らかに違います。

特に幅の狭い廊下や階段は9センチ幅が広がるだけで余裕が出

ます。

また、8畳の和室。

柱間910ミリが100ミリになると、3640ミリが4000ミリと1辺36センチ

の差があります。

 

モジュールは住む人のこだわりです。

やっぱり予算に余裕も必要になります。

ただ、全体を910モジュールにするか、1000モジュールにするかで

はなく必要な部分(通り)だけをモジュールを変更して造ることもで

きます。

狭苦しく感じる部分だけをモジュールを広げるということは可能です。

写真の家はメーターモジュールです。

中西 直己さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス